藤岡作太郎

概要

 藤岡作太郎(ふじおかさくたろう)明治三年庚午(かのえうま7)七月十九日(1870年8月15日)生誕 -明治四十三(1910)年二月三日逝去(三十九歳)は、国文学者。

経歴

 明治三年庚午(かのえうま7)七月十九日(1870年8月15日)に加賀国金沢(現、石川県金沢市)で誕生。明治二十三年(1890年)に第四高等中学校を卒業する。第四高等中学校での同窓生に西田幾多郎、鈴木大拙(貞太郎)がおり、藤岡とあわせて「加賀の三太郎」と称される。

 東京帝国大学国文科卒業後、第三高等学校教授に就任する。明治三十三年(1900年)に東京帝国大学助教授に就任する。日本文学史を全体にわたって講義し、『国文学全史』の執筆にかかる。平安朝篇のみ完成したところで病に倒れる。

 明治四十三(1910)年二月三日に藤岡作太郎は逝去。三十九年の生涯を終えました。藤岡作太郎の没後その遺稿が刊行され、『国文学全史平安朝篇』は今も読み継がれる古典である。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA