濱口雄幸

概要

 濱口雄幸(はまぐちおさち)明治三年庚午(かのえうま7)四月一日(1870年5月1日)生誕-昭和六(1931)年八月二十六日薨去(六十一歳)は、大蔵官僚、政治家。位階勲等は正二位勲一等旭日桐花大綬章。号は空谷。

経歴

 明治三年庚午(かのえうま7)四月一日(1870年5月1日)に土佐国長岡郡五台山唐谷(現、高知県高知市)の林業の父・水口胤平の3人兄弟の末子として誕生する。

 明治二十二年(1889年)に高知県安芸郡田野村(現、高知県田野町)の素封家・濱口義立の長女夏子と結婚し、濱口家の養嗣子となる。旧制高知中学(現、高知県立高知追手前高等学校)、第三高等中学校を経て、明治二十八年(1895年)に帝国大学法科政治学科(後の東京帝国大学、現:東京大学)を卒業する。

 帝国大学法科政治学科卒業後に大蔵省に入省し、専売局長官、逓信次官、大蔵次官などを務め、大正四年(1915年)に立憲同志会に入党して、衆議院議員に当選する。加藤高明内閣の大蔵大臣、第一次若槻内閣の内務大臣などを務める。昭和四(1929)年七月に立憲民政党初代総裁として、内閣総理大臣に就任する。

 濱口が内閣総理大臣を引き受けるにあたって、主眼となっていた課題は経済政策であった。第一次世界大戦後の国内好況が既に終わりを告げ、昭和二年(1929年)に起きた金融恐慌により、日本国内が長期不況に陥っていた。一方、軍拡の動きも活発であった。軍部の動きを抑え、同時に日本を不況から脱するためには、金解禁が不可欠であると濱口は考える。

 昭和五(1930)年十一月十四日に濱口は午前9時発の神戸行き特急「燕」に乗車するため東京駅で、愛国社社員の佐郷屋留雄(さごうやとめお)に至近距離から銃撃された。入院中は幣原外相が臨時首相代理を務めた。濱口首相は昭和六(1931)年一月二十一日に退院する。容態は思わしくなく、同年四月四日に再入院した。これ以上の総理職続行は不可能と判断。同年四月十三日に首相を辞任する。昭和六(1931)年八月二十六日に薨去。濱口雄幸は六十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA