本多光太郎

概要

 本多光太郎(ほんだこうたろう)明治三年庚午(かのえうま7)二月二十三日(1870年3月24日)生誕 -昭和二十九(1954)年二月十二日薨去(八十三歳)は、物理学者、金属工学者(冶金学者)。

経歴

 明治三年庚午(かのえうま7)二月二十三日(1870年3月24日)に三河国(明治四年1871年より愛知県碧海郡矢作町。現、愛知県岡崎市)で誕生。

 明治二十年(1887年)に上京して大学予備門に入学。明治二十二年(1889年)に、第一高等中学校に入学。明治二十七年(1894年)に東京帝国大学理科大学物理学科に入学。明治三十(1897)年七月十日に東京帝国大学理科大学物理学科を卒業する。卒業後、ドイツおよびイギリスに留学する。

 明治四十四(1911年)二月二十二日に東北帝国大学理科大学開設時に物理学科教授に就任する。大正六年(1917年)にKS鋼を発明する。昭和六(1931年)六月十五日に東北帝国大学総長に就任する。昭和九年(1934年)に新KS鋼を発明する。

 昭和十二(1937)年四月二十八日に第1回文化勲章を受章する。昭和二十四(1949)年四月一日に東京理科大学初代学長に就任する。昭和二十六年(1951年)に文化功労者に選ばれる。昭和二十九(1954)年二月十二日に本多光太郎は薨去。八十三年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA