藤原銀次郎

概要

 藤原銀次郎(ふじわらぎんじろう/ふじはらぎんじろう)明治二年己巳(つちのとみ6)六月十七日(1869年7月25日)生誕 -昭和三十五(1960)年三月十七日薨去(九十歳)は、実業家、政治家。

経歴

 明治二年己巳(つちのとみ6)六月十七日(1869年7月25日)に、信濃国水内郡平柴村で農業の父・藤原茂兵衛の三男として誕生。

 上京して慶應義塾に入学する。慶應義塾卒業後、松江日報に入社、主筆となる。松江新報が経営不振に陥り解散寸前となったため、藤原は申し出て会社を引き受け社長兼主筆となるが、新聞用紙の調達に苦心し、結局経営に行き詰まり新聞記者を辞めて帰京した。

 明治二十八年(1895年)に同郷で慶應義塾の先輩に当たる鈴木梅四郎に勧められて三井銀行に入社する。大津支店を皮切りに、東京深川出張所長となり営業成績を上げる。明治三十年(1897年)に三井が経営する富岡製糸場支配人となる。

 明治三十一年(1898年)に王子製紙で経営陣の対立からストライキが起こると、臨時支配人に就任。富士製紙から熟練工の引き抜きや古参社員の重視などでストライキを収めた。明治三十二年(1899年)に三井物産に移り上海支店長、木材部長などを務める。明治四十四年(1911年)に王子製紙専務に就任する。当時の王子製紙は経営不振で赤字続きであった。苫小牧の新工場建設を進めた。

 昭和四年(1929年)に貴族院勅選議員に勅任される。昭和八年(1933年)に王子製紙・富士製紙・樺太工業の3社合併を実現させ、資本金1億5000万円、日本国内の市場占有率の8割以上を持つ巨大製紙企業を出現せしめた。藤原は新生王子製紙の社長に就任し「製紙王」の異名を取るようになる。

 昭和十三年(1938年)に高嶋菊次郎に社長職を譲り会長となる。同年私財800万円を投じて、人材育成を目指して横浜に藤原工業大学(1944年に慶應義塾大学工学部となる)を設立した。

昭和十五年(1940年)に 米内光政内閣の商工大臣に就任する。昭和十六年(1941年)に産業設備営団総裁、昭和十七年(1942年)に海軍軍政顧問、内閣顧問を経て、昭和十八年(1943年)に東条英機内閣の国務大臣に就任する。昭和十九年(1944年)に小磯国昭内閣の軍需大臣に就任する。

 戦後、東條・小磯両内閣で閣僚を務めたことから連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) よりA級戦犯容疑で出頭命令を受け巣鴨プリズンに収監されるが、間もなく不起訴となっている。その後、公職追放となり、昭和二十六年(1951年)に追放解除となる。

 昭和三十四年(1959年)に藤原科学財団を設立し、同財団に1億円を寄付し藤原賞を設ける。昭和三十五(1960)年三月十七日に藤原銀次郎は薨去。九十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA