澤柳政太郎

概要

 澤柳政太郎(さわやなぎまさたろう)慶応元年乙丑(きのとうし2)四月二十三日(1865年5月17日)生誕 -昭和二(1924)年十二月二十四日逝去(五十九歳)は、文部官僚、教育者、貴族院勅撰議員。文部次官。東北帝国大学初代総長。京都帝国大学第五代総長。成城学園創立者。大正大学初代学長。

経歴

慶応元年乙丑(きのとうし2)四月二十三日(1865年5月17日)に信濃国松本城下(現、長野県松本市)で松本藩士の父・澤柳信任の長男として誕生。

 明治八年(1875年)に長野県開智学校下等小学校から東京師範学校附属下等小学校(現、筑波大附属小学校)へ転校。その後、東京府第一中学変則科(のちの府立第一中学、現・東京都立日比谷高校)に入学。同級には親友の狩野享吉、上田萬年、幸田露伴、尾崎紅葉らがいた。

 第一中学から新制大学予備門(のちの第一高等学校、現・東京大学教養学部)に繰り上げ入学をして、帝国大学(のちの東京帝国大学。現、東京大学)文科大学哲学科を卒業。明治二十三年(1890年)に文部省に入省。同年に文部書記官となる。

 明治二十六年(1893年)に大谷尋常中学校校長、明治二十八年(1895年)に群馬尋常中学校校長、、明治三十年(1897年)に第二高等学校校長、明治三十一(1898)年七月二十日に第一高等学校校長に就任する。同年十一月に大学の自治をめぐり澤柳事件を引き起こして第一高等学校校長を辞職した。

 明治三十一(1898)年十一月に普通学務局長として文部本省に戻り、明治三十九(1906)年二月まで在職し、初等・中等教育の整備に尽力する。同年に文部次官に就任する。明治四十二(1909)年十二月二十一日に貴族院議員に勅選される。

 明治四十四(1911)年三月二十四日に東北帝国大学初代総長に就任。大正二(1913)年五月九日に京都帝国大学五代総長に就任する。大正六(1917)年四月四日に成城学園の起源の成城小学校を創立した。成城学校は大正自由主義教育運動の震源地となる。大正十五年(1926年)に大正大学初代学長に就任する。

 昭和二(1924)年十二月二十四日に澤柳政太郎は逝去。五十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA