狩野亨吉

概要

 

狩野亨吉(かのうこうきち)慶応元年乙丑(きのとうし2)七月二十八日(1865年9月17日)生誕 -昭和十七(1942)年十二月二十二日逝去(七十七歳)は、教育者。第一高等学校校長。京都帝国大学初代学長。

経歴

 慶応元年乙丑(きのとうし2)七月二十八日(1865年9月17日)に 久保田藩領の秋田郡大館町(現秋田県大館市)の久保田藩大館城代家老・狩野良知の二男として誕生。

 明治元年(1868年)の戊辰戦争の秋田戦争で、父・狩野良知が勤める大館城が落城。狩野亨吉は姉に背負われて命からがら津軽藩に避難する。明治九年(1876年)に 母と共に上京。狩野家は一家で東京移住となった。亨吉は番町小学校に入学する。

 明治十一年(1878年)に番町小学校卒業、東京府第一中学(現在の東京都立日比谷高校)変則科に入学。のち、教育令改正のため、第一中学から新制大学予備門(のちの第一高等学校)に繰上げ入学する。

 明治十七年(1884年)に 大学予備門卒業。東京大学(後の帝国大学→東京帝国大学)理学部に入学する。明治二十一年(1888年)に帝国大学理科大学数学科を卒業。理学士授与。

 明治二十二年(1889年)に 帝国大学文科大学哲学科2年へ編入。在学中、英文科在学中の夏目漱石と親しくなる。明治二十四年(1891年)に 帝国大学文科大学哲学科卒業、文学士授与。帝国大学文科大学哲学科大学院に進学する。

 明治二十五年(1892年)に金沢の第四高等中学校教授に就任。明治二十七年(1894年)に 四高を退職する。明治二十九年(1896年)に 漱石の招きで熊本の第五高等学校に赴任する。明治三十一年(1898年)に五高を退職して第一高等学校校長に就任する。名校長の誉れが高く、一高の校風はこの時期に確立したといわれている。

 明治三十九年(1906年)に第一高等学校校長を退官。同年、京都帝国大学文科大学初代学長に就任する。明治四十年(1907年)に 京都帝大を健康の悪化などから辞職。退官して東京に戻る。

 京都帝国大学退官以後、学校関係の定職には就かなかった。大正十二年(1923年)に東京市小石川区大塚坂下町の長屋に姉の前小屋久子とともに「書画鑑定並びに著述業」の看板を掲げ、書画や刀剣の鑑定などで生計を立てた。浮世絵や春画蒐集家としても有名で、改造社社長の山本実彦からは「春画蒐集にかけては日本一」と折り紙をつけられた。

 狩野の学識を惜しむ中学以来の親友澤柳政太郎から東北帝国大学総長に推されたこともあるが固辞した。昭和三年(1928年)に『岩波講座 世界思潮』第三冊誌上に「安藤昌益」を発表し紹介する。

投資していた会社が倒産して負債を抱えたことから、書籍取次会社「大同洋行」を仲介に蔵書を大量売却した。10万点以上の貴重な蔵書を東北帝国大学に売却。この蔵書は、同大学図書館に狩野文庫として所蔵されている。

 昭和十七(1942)年十二月二十二日に狩野亨吉は逝去。七十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA