井上準之助

概要

 井上準之助(いのうえじゅんのすけ)明治二年己巳(つちのとみ6)三月二十五日(1869年5月6日)生誕 -昭和七(1932)年二月九日逝去(六十二歳)は、政治家、財政家。

経歴

 明治二年己巳(つちのとみ6)三月二十五日(1869年5月6日)に豊後国日田郡大肥村(現、大分県日田市大鶴町)で造り酒屋を営む父・井上清と母・ひな夫妻の五男として誕生。

 明治二十一年(1888年)に 仙台の第二高等中学校予科1年次入学。明治二十六年(1893年)に帝国大学英法科入学。明治二十九年(1896年)に 帝国大学英法科卒業後、日本銀行へ入行する。

 大正二年(1913年)に 横浜正金銀行頭取に就任。大正八年(1919年)に 日本銀行総裁に就任する。大正十二年(1923年)に第二次山本権兵衛内閣の大蔵大臣に就任する。昭和四年(1929年)に濱口雄幸内閣蔵相となり、金解禁に尽力する。

 井上は緊縮財政路線を取り金解禁を実現させた。しかし、世界恐慌とともに日本経済はデフレーションに陥った(昭和恐慌)。濱口雄幸の退陣後の第二次若槻礼次郎内閣でも再び大蔵大臣となり、金解禁政策を堅持した。民政党政権を支えた井上は政友会総裁を退いた先輩の高橋是清には礼を尽くしたが、高橋の直弟子で政友会の財政金融の第一人者となっていた三上忠造とは政敵として激しく批判を繰り広げた。井上蔵相の金融政策により中小企業と農民層が犠牲になった。また、緊縮財政を進める中で、海軍の予算を大幅に削減したことは、海軍軍令部や右翼の恨みを買い、井上の暗殺へとつながった。

 昭和七(1932)年二月九日に井上準之助は血盟団メンバーの小沼正(おぬましょう)により暗殺され、六十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA