宇垣一成

概要

 宇垣一成(うがきかずしげ)慶応四年戊辰(つちのえたつ5)六月二十一日(1868年8月9日)生誕-昭和三十一(1956)年四月三十日薨去(八十七歳)は、陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍大将。位階勲等功級は正二位勲一等功四級。

経歴

 慶応四年戊辰(つちのえたつ5)六月二十一日(1868年8月9日)に備前国磐梨郡(いわなしぐん)大内村(現・岡山県岡山市東区瀬戸町大内)の農家・宇垣杢右衛門の五男として誕生。幼名は杢次(もくじ)

小学校校長として働いた後に上京し、成城学校を経て陸軍に入隊する。軍曹に昇進した宇垣は陸軍士官学校に入学する。明治二十三(1890)年七月二十六日に陸軍士官学校(第1期)卒業。明治二十四(1891)年三月二十四日に陸軍歩兵少尉に任官する。明治二十九年(1896年)に一成と改名する。

 明治三十三年(1900年)に陸軍大学校(14期)を卒業し恩賜の軍刀(おんしのぐんとう)を拝領した。尉官時代の宇垣は他人より出世が遅く「鈍垣」とあだ名され、処世術が巧みであったとは言えなかった。

 明治三十五年(1902年)から明治三十七年(1904年)にかけてドイツ留学をする。明治四十三年(1910年)に陸軍歩兵大佐に進級する。大正四年(1915年)に陸軍少将進級、大正五年(1916年)に参謀本部第一部長、大正八年(1919年)に陸軍中将に進級、大正十(1921)年三月十一日に姫路の第10師団長、大正十二年(1923年)に陸軍次官に就任する。

 大正十三年(1924年)に宇垣は清浦内閣の陸軍大臣に就任する。昭和2年(1927年)。陸軍大将に進級。同年、政友会政権下での陸相を辞退して朝鮮総督(臨時代理)に就任する。昭和六年(1931年)に予備役となり、昭和十一年(1936年)まで再び朝鮮総督を務める。

 たびたび次期首相候補として宇垣の名前が挙がるが、「陸軍が賛成しない」として大命降下には至らなかった。昭和十三年(1938年)に第1次近衛内閣で外務大臣に就任。さらに拓務大臣を兼任している。

 昭和十九年(1944年)に拓殖大学第5代学長に就任する。宇垣は和平派グループに頼りにされていた。昭和十八年(1943年)に東条英機内閣に対する批判が高まり、東条英機内閣打倒として宇垣が後継首班としてあげられ、重臣たちの了解も取り付けた。しかし倒閣運動は東條に事前に弾圧され、ここでも宇垣内閣は誕生することはなく終わった。

 昭和二十年(1946年)に太平洋戦争終結の後、宇垣は公職追放。昭和二十七年(1952年)に公職追放を解除された。昭和二十八(1953)年四月に行われた第3回参議院選挙で全国区から立候補し、51万票を集めトップ当選した。

 昭和三十一(1956)年四月三十日に宇垣一成は議員在職のまま薨去。八十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA