広瀬武夫

概要

 広瀬武夫(ひろせたけお:旧字体:廣瀨武夫)慶応四年戊辰(つちのえたつ5)五月二十七日(1868年7月16日)生誕 -明治三十七(1904)年三月二十七日逝去(三十五歳)は、海軍軍人、柔道家。

経歴

 慶応四年戊辰(つちのえたつ5)五月二十七日(1868年7月16日)に豊後国竹田(後 の大分県竹田市)で岡藩士の父・広瀬友之允の次男として誕生。幼少時に母親と死別し、祖母に育てられる。

 西南戦争で竹田の自宅が焼失し、一家で飛騨高山へ転居する。飛騨高山の煥章(かんしょう)小学校(後 の高山市立東小学校)を卒業後に小学校教師を務め、明治十八年(1885年)に退職して、攻玉社(後 の攻玉社中学校・高等学校)を経て海軍兵学校に入校する。同時期に講道館で柔道を学ぶ。明治二十二年(1889年)に海軍兵学校を卒業する(第15期)。

 兵学校卒業後、明治二十三年(1890年)に軍艦「比叡」に乗船、二度にわたり遠洋航海。その間に少尉に任官。半年だけ、測量艦「海門」の甲板士官となり、沿岸の測量、警備に従事する。

 明治二十七(1894)年七月二十五日に勃発した日清戦争に従軍する。明治二十八年(1895年)に大尉に昇進。明治三十年(1897年)にロシアへ留学してロシア語などを学び、貴族社会と交友する。旅順港などの軍事施設も見学する。その後ロシア駐在武官となり、明治三十三年(1900年)に少佐昇進。明治三十五年(1902年)に帰国する。

 明治三十七(1904)年二月に勃発した日露戦争で旅順港閉塞作戦に従事する。明治三十七(1904)年三月二十七日に第2回の閉塞作戦で閉塞船福井丸を指揮していたが、敵駆逐艦の魚雷を受けた。撤退時に広瀬は、自爆用の爆薬に点火するため船倉に行った部下の杉野孫七が戻ってこないことに気付いた。広瀬は杉野を助けるため一人沈み行く福井丸に戻り、船内を3度も捜索したが、彼の姿は見つからなかった。やむを得ず救命ボートに乗り移ろうとした直後、頭部にロシア軍砲弾の直撃を受け戦死した。広瀬武夫は三十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA