秋山真之

概要

 秋山真之(あきやまさねゆき:旧字体:秋山眞之)慶応四年戊辰(つちのえたつ5)三月二十日(1868年4月12日)生誕 -大正七(1918)年2月4日逝去(四十九歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍中将。

経歴

 慶応四年戊辰(つちのえたつ5)三月二十日(1868年4月12日)に松山城下の中徒町(現在の愛媛県松山市)で松山藩士の父・秋山久敬と母・貞の5男として誕生。

 愛媛県松山中学校(現在の松山東高校)を5年で中退し明治十六年(1883年)に東京へ行き受験準備のために共立学校(現在の開成高校)などで受験英語を学び大学予備門(のちの一高、現在の東京大学教養学部)に入学する。

 明治十九年(1886年)に海軍兵学校17期生として入校。明治二十三年(1890年)に海軍兵学校を首席で卒業し、海軍軍人となる。卒業後は少尉候補生として海防艦「比叡」に乗艦する。

 明治二十五年(1892年)に海軍少尉に任官。日清戦争は通報艦「筑紫」に乗艦し、偵察など後援活動に参加。戦後には巡洋艦「和泉」分隊士となる。明治二十九(1896)年一月に横須賀に転属し、海軍水雷術練習所(海軍水雷学校)の学生となり水雷術を学び、卒業後に横須賀水雷団第2水雷隊付になる。のちに報知艦「八重山」に乗艦する。

 明治三十一年(1898年)に海軍の留学生派遣が再開されると派遣留学生に選ばれるが、公費留学の枠に入れずにはじめは私費留学であった。アメリカへ留学した真之は、ワシントンに滞在して海軍大学校校長、軍事思想家であるアルフレッド・セイヤー・マハンに師事し、主に大学校の図書館や海軍文庫での図書を利用しての兵術の理論研究に務める。

 明治三十七年(1904年)に海軍中佐・第一艦隊参謀(後に先任参謀)となる。同年二月からの日露戦争では連合艦隊司令長官東郷平八郎の下で作戦担当参謀となり、第1艦隊旗艦「三笠」に乗艦する。

 ロシア海軍旅順艦隊(太平洋艦隊)撃滅と封鎖のための旅順口攻撃と旅順港閉塞作戦において機雷敷設などを立案。ロシアのバルチック艦隊が回航すると迎撃作戦を立案し、日本海海戦の勝利に貢献、日露戦争における日本の政略上の勝利を決定付けた。

 大正七(1918)年2月4日に秋山真之は逝去。四十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA