正岡子規

概要

 正岡子規(まさおかしき)慶応三年丁卯(ひのとう4)九月十七日(1867年10月14日)生誕-明治三十五(1902)年九月十九日逝去(三十四歳)は、俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。

経歴

 慶応三年丁卯(ひのとう4)九月十七日(1867年10月14日)に伊予国温泉郡藤原新町(現・愛媛県松山市花園町)に松山藩士の父・正岡常尚と藩の儒者・大原観山の長女の母・八重の間に長男として誕生。

 幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年に末広小学校に入学し、のちに勝山学校に転校。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ友人と回覧雑誌を作り試作会を開いた。

 明治十三年(1880年)に旧制松山中学(現・松山東高等学校)に入学。明治十六年(1883年)に同校を中退して上京し、受験勉強のために共立学校(現・開成高等学校)に入学。翌年、旧藩主家の給費生となり、東大予備門(のち第一高等学校、現・東大教養学部)に入学し、常盤会寄宿舎に入る。明治二十三年(1890年)に帝国大学哲学科に進学したものの、のちに文学に興味を持ち、翌年には国文科に転科した。このころから「子規」と号して句作を行う。

 松山中で共立学校で同級だった秋山真之(海軍軍人)とは、松山在住時からの友人であり、東大予備門では夏目漱石・南方熊楠らと同窓だった。大学中退後、叔父・加藤拓川の紹介で明治二十五年(1892年)に新聞『日本』の記者となり、「獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)」を連載し、俳句の革新運動を開始した。

 明治二十八(1895)年四月に日清戦争の近衛師団つきの従軍記者として遼東半島に渡ったものの、上陸した2日後に下関条約が調印されたため、同年五月に第二軍兵站部軍医部長の森林太郎(鴎外)らに挨拶をして帰国の途についた。その船中で喀血して重態に陥り、神戸病院に入院。七月に須磨保養院で療養したのち、松山に帰郷した。俳句分類や与謝蕪村などを研究し、俳句の世界に大きく貢献した。漱石の下宿に同宿して過ごし、俳句会などを開いた。

 病いに臥せつつ『病牀六尺』を書いたが、これは少しの感傷も暗い影もなく、死に臨んだ自身の肉体と精神を客観視し写生した優れた人生記録として、現在まで読まれている。明治三十五(1902)年九月十九日に正岡子規は逝去。三十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA