幸田露伴

概要

 幸田露伴(こうだろはん)慶応三年丁卯(ひのとう4)七月二十三日(1867年8月22日)生誕 -昭和二十二(1947)七月三十日逝去(七十九歳)は、小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)。

経歴

 慶応三年丁卯(ひのとう4)七月二十三日(1867年8月22日)に武蔵国江戸下谷三枚橋横町(現・東京都台東区)に、幕臣の父・幸田利三(成延、しげのぶ)と母・猷(ゆう)の四男として誕生。

 御徒士町の相田氏の塾で素読を学んだ。明治八年(1875年)に東京師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)に入学。小学校卒業後の明治十一年(1878年)に東京府第一中学(現・都立日比谷高校)正則科に入学する。のちに家計の事情で中退し、東京英学校(現在の青山学院大学)へ進むが、これも途中退学する。

 給費生として逓信省官立電信修技学校(後の逓信官吏練習所)に入り、卒業後は官職である電信技師として北海道余市に赴任する。文学の道へ志す情熱が芽生え、明治二十年(1887年)に職を放棄し帰京する。免官の処分を受けたため父が始めた紙店愛々堂に勤める。

 明治二十六年(1893年)に下谷区の谷中天王寺をモデルとする『五重塔』などを発表し、作家としての地位を確立する。この頃に同世代の尾崎紅葉と「紅露時代」と呼ばれる黄金時代を迎える。尾崎紅葉・坪内逍遥・森鴎外と並んで、「紅露逍鴎時代」と呼ばれることもある。

 明治三十七年(1904年)にそれまで何度も中絶のあった「天うつ浪」の執筆が途絶えた。これ以後、主に史伝の執筆や古典の評釈に主眼を移した。史伝の作品としては「頼朝」「平将門」「蒲生氏郷」などがある。一方、井原西鶴や『南総里見八犬伝』を評釈し、芭蕉研究会の6人との共著『芭蕉俳句研究』を出した。

 明治四十年(1907年)に唐の伝奇小説『遊仙窟』が万葉集に深い影響を与えていることを論じた『遊仙窟』を発表。明治四十一年(1908年)に京都帝国大学文科大学初代学長の旧友・狩野亨吉に請われて、国文学講座の講師となる。何かの事情により夏季休暇で東京に戻ったまま、僅か一年足らず(京都へ移り住んだのは当年初めだった)で大学を辞職する。

 小説を書くだけではなく、道教研究でもパイオニアの一人であり、世界的にまだほとんど道教が研究されていない時期に幾つかの先駆的な論文を表している。昭和十二(1937)年四月二十八日に第1回文化勲章を授与され、帝国芸術院会員となる。昭和二十二(1947)七月三十日に幸田露伴は逝去。七十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA