田中義一

概要

 田中義一(たなかぎいち)元治元年甲子(きのえね1)六月二十二日(1864年7月25日)生誕-昭和四(1929)年九月二十九日薨去(六十五歳)は陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典勲等高級爵位は正二位勲一等功三級男爵。

経歴

 元治元年甲子(きのえね1)六月二十二日(1864年7月25日)に長門国阿武郡萩で萩藩士の父・田中信祐と母・みよの三男として誕生。

 十三歳で萩の乱に参加。村役場の職員や小学校の教員を務めた後、陸軍士官学校(旧8期)、陸軍大学校を卒業後、日清戦争に従軍する。その後ロシアに留学。ロシア留学時代は正教に入信し、日曜毎に知り合いのロシア人を誘って教会へ礼拝に行くなど徹底したロシア研究に専念した。

 日露戦争では満州軍参謀として総参謀長児玉源太郎のスタッフを務めた。大正四年(1915年)に参謀次長に就任。原内閣、第二次山本内閣で陸軍大臣を務め、この時にマスコミの論調を陸軍にとって有利なものにしようと考えた事から、陸軍省内に新聞班を創設した。

 大正十四年(1925年)に高橋是清の後の政友会総裁に就任。田中は陸軍を退役した。昭和二(1927)三月に第一次若槻内閣のもとで全国各地の銀行で取り付け騒ぎが起こった(昭和金融恐慌)。若槻内閣は同年四月十七日に総辞職を表明し、代わって立憲政友会総裁の田中が同年四月二十日に組閣し、田中義一内閣が成立した。

 昭和四(1929)年七月二日に田中義一内閣は、張作霖爆殺事件で天皇の不興を買い総辞職。昭和四(1929)年九月二十九日に田中義一は薨去。六十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA