二葉亭四迷

概要

 二葉亭四迷(ふたばていしめい)元治元年甲子(きのえね1)二月二十八日(1864年4月4日)生誕 -明治四十二(1909)年五月十日逝去(四十五歳)は、小説家、翻訳家。

経歴

 元治元年甲子(きのえね1)二月二十八日(1864年4月4日)に江戸市ヶ谷合羽坂の尾張藩上屋敷に父・尾張藩士・長谷川吉数と母・志津の子として誕生する。

 明治三年(1871年)名古屋藩学校に入学する。フランス語を学ぶ。明治四年(1872年)藩学校を退学する。明治八(1875)年五月に父の異動のために松江へ転居する。明治十一(1878)年三月に東京に戻り、陸軍士官学校を受験しするが、不合格になったため軍人となることを諦め外交官となる決意をする。

明治十四(1881)年五月に、東京外国語学校(現、東京外国語大学)に入学する。明治十八(1885)九月に東京外国語学校が東京商業学校に合併する。改めてその露語科第五年に転じる。明治十九(1886)一月に東京商業学校退学する。

 明治十九(1886)一月二十四日に坪内逍遙を初めて訪問し、『小説神髄』の疑義をただす。同年二月に再び坪内逍遙を訪ね、以後毎週通うようになる。 明治二十(1887)六月二十日に『新編浮雲』第一篇を、坪内雄蔵(逍遥の本名)名義で刊行。「はしがき」で初めて「二葉亭四迷」と名乗る。

 明治二十八年(1895年)に陸軍大学校露語科教示嘱託、明治三十二年(1899年)に再び東京外国語学校(現、東京外国語大学)が設立され、旧東京外国語学校時代の恩師である古川常一郎の推薦を受けロシア語科の教授となる。短い在職期間ながら多くの教え子から慕われる。

 明治四十一(1908)年六月に朝日新聞特派員としてロシアペテルブルクへ派遣される。明治四十二(1909)年五月十日に二葉亭四迷は日本へ帰国途中、日本郵船の加茂丸に乗船中ベンガル湾上で肺炎の悪化のため逝去。四十五年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA