藤山雷太

概要

 藤山雷太(ふじやまらいた)文久三年癸亥(みずのとい60)八月一日(1863年9月13日)生誕-昭和十三(1938)年十二月十九日逝去(七十五歳)は明治・大正・昭和の実業家、貴族院勅撰議員。

経歴

 文久三年癸亥(みずのとい60)八月一日(1863年9月13日)に肥前国松浦郡大里村(現在の佐賀県伊万里市)の庄屋(現在の村長)を務めていた佐賀藩士の藤山覚右衛門の三男として誕生。誕生日が大里の八幡神社の祭日で、生まれた日に庭の大樹に雷が落ちたことから雷太と名付けられたという。

 佐賀藩校・弘道館で草場仙山に学び、後に草場を追って京都に出る。明治十一(1878年)に長崎師範学校に入学。同校を明治十三年(1880年)に卒業と同時に助教諭となり3年間講義を行う。明治十七年(1884年)に上京して慶應義塾に学び、明治二十(1887)四月に慶應義塾大学正科を卒業し地元に帰り、明治二十一(1888年)に長崎県会議員に当選する。

 福沢諭吉の甥の中上川彦次郎の知遇を得て、三井銀行に採用され、抵当係長という重要ポストに付けられた。その後、雷太は中上川の妻の妹と結婚し姻戚関係となった。後の首相である桂太郎の邸宅を担保にした融資が焦げ付いていたところを臆することなく邸宅を処分し債権を回収したという。

 王子製紙の専務取締役に就任し、当時の社長の渋沢栄一に社長辞任を要求し、結果として懐刀の専務の大川平三郎を退け、後に渋沢も辞任したことについて、三井家の発言力が増したために、これを中上川の命による王子製紙の乗っ取りであったと評する資料もある。明治三十四年(1901年)に中上川が死去し、三井の実権が益田孝に移ったことも遠因となり、明治三十五年(1902年)に三井銀行を退職する。

 明治四十二年(1909年)に渋沢栄一に推挙され大日本製糖の社長に就任。倒産寸前と評される大日本製糖を台湾での生産拡大などの経営方針で僅か2年ほどで再建させ、その後、朝鮮製糖、内外製糖、東洋精糖を合併し、規模を拡大させた。

 大正六年(1917年)から大正十四年(1925年)に東京商工会議所の会頭を務め、日本商業会議所連合会会頭にも就任した。大正十二年(1923年)に勅選貴族院議員となる。

 昭和十三(1938)年十二月十九日に藤山雷太は逝去。七十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA