内村鑑三

概要

 内村鑑三(うちむらかんぞう)万延二年辛酉(かのととり58)二月十三日(1861年3月23日)生誕-昭和五(1930)年三月二十八日逝去(六十九歳)は、キリスト教思想社・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。

経歴

 万延二年辛酉(かのととり58)二月十三日(1861年3月23日)に高崎藩士・内村宜之とヤソの6男1女の長男として江戸小石川の武士長屋で誕生。三度自己を鑑みるという意味で父が「鑑三」と命名。

 明治四年(1871年)の廃藩置県により、父が県小参事を免ぜられ隠居した。鑑三は高崎で白井という人より手習いを受けた後、大河内輝声の創立した英学校に入り、小泉という教師より初めて英語を教えられ、英語に勤しむようになった。

 明治六年(1873年)に単身で上京して、有馬学校英語科に入学した。有馬学校で1年学んだ後、東京外国語学校の下等第四級に編入した。この時の同級生に、佐藤昌介がいた。この学校で教師のM・M・スコットより、グループメソッドという新しい英語教育を受けた。在学中、一年だけ病気のために休学し、一年遅れたことにより、新渡戸稲造、宮部金吾と同級になる。この三人は終生にわたって親交を結ぶことになった。その頃初めて英文講読で『旧約聖書』の聖書物語に触れた。

 明治十(1877)年四月に東京英語学校を修了すれば東京大学への進学が認められることになった。しかし、内村が入学して3年後の明治九年(1876年)に北海道開拓に携わる技術者を養成する目的で札幌農学校が創立された。経済上の理由もあり、札幌農学校への入学を決意する。

 札幌農学校第一期生は既にキリスト教に改宗していた。初めはキリスト教への改宗を迫る上級生に反抗していた内村も、新渡戸稲造と宮部金吾が署名したことがきっかけで、ついにほとんど強制的に立行社の岩崎行親と同じ日に「イエスを信ずる者の契約」なる文書に署名させられた。

 明治十一(1878)年六月二日に、アメリカ・メソジスト教会のM.C.ハリスから洗礼を受ける。洗礼を受けた若いキリスト者達は、日曜日には自分達で集会(「小さな教会」と内村は呼ぶ)を開き、幼いながらも真摯な気持ちで信仰と取り組んだ。そして、メソジスト教会から独立した自分達の教会を持つことを目標とするようになる。その学生の集団を札幌バンドという。

 札幌農学校で内村は水産学を専攻し明治十四(1881)年七月に札幌農学校を農学学士として首席で卒業した。卒業後、北海道開拓使民事局勧業課に勤め、水産を担当した。明治十五年(1882年)に開拓使が廃止されると、札幌県御用係になり、漁業調査と水産学の研究を行った。

 明治十七年(1884年)に私費でアメリカに渡り、同年十一月二十四日にサンフランシスコに到着する。拝金主義、人種差別の流布したキリスト教国の現実を知って幻滅する。ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外のエルウィンの養護施設を尋ねた時に、医師である院長のI.N.カーリンと出会い、そこの知的障害児養護学校で看護人として勤務することになる。

 内村はペンシルバニア大学で医学と生物学を学び医者になる道を考えていた。カーリン夫人はユニテリアンでハーヴァード大学で学ぶことを勧めたが、米国滞在中の新島襄の勧めで、明治十八(1885)年九月に新島の母校でもあるマサチューセッツ州アーマストのアーマスト大学に選科生として3年に編入し、新島の恩師J・H・シーリーの下で伝道者になる道を選んだ。明治二十年(1887年)にアーマスト大学を卒業してBachelor of Science(理学士)の学位を受ける。

 明治二十一(1888)年六月六日に新潟県の北越学館・館主・加藤勝弥と約定書を交わし、正教頭ではなく、仮教頭で赴任した。就任一ヶ月後に、宣教師の運営方針に反発する見解を表明、宣教師たちも内村の下で働くことを拒否し辞職を通告して、学生を巻き込んでの学館紛争になった。内村は赴任後わずか4ヶ月で辞職した。

 明治二十三年(1890年)から、植村正久の一番町教会の長老・木村駿吉の推薦により、第一高等中学校(現・東京大学教養部、千葉大学医学部、薬学部)の嘱託教員となった。明治二十四(1891)年一月九日に、講堂で挙行された教育勅語奉読式において、教員と生徒は順番に教育勅語の前に進み出て、明治天皇の親筆の署名に対して、「奉拝」することが求められた。内村は舎監という教頭に次ぐ地位のため、「奉拝」は三番目だったが、最敬礼をせずに降壇した。このことが同僚・生徒などによって非難され社会問題化する(不敬事件)。

 明治三十年(1897年)に黒岩涙香(くろいわるいこう)が名古屋にいる内村を訪ねて朝報社への入社を懇請した。内村はためらいつつも黒岩の説得に答えて朝報社に入社した。明治三十一(1898)年五月二十二日に朝報社を退社した。同年六月十日より、山県悌三郎を社主として、『東京独立雑誌』を創刊し主筆となりジャーナリストとして独立した。

 明治三十三(1900)年七月五日に内村の問題により突如、『東京独立雑誌』は廃刊されることになり、廃刊後の同年十月より、日本で最初の聖書雑誌である『聖書之研究』を創刊した。聖書之研究は内村の死まで続けられたライフワークになった。

 明治四十二年(1909年)秋には、第一高等学校の校長・新渡戸稲造のもとで読書会グループを形成していた学生たちが、新渡戸の推薦状をもって、内村の弟子として入門した。弟子には後に東京大学総長となった南原繁らがいる。

 昭和五(1930)年三月二十八日に内村鑑三は逝去。六十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA