嘉納治五郎

概要

 嘉納治五郎(かのうじごろう)万延元年庚申(かのえさる57)十月二十八日(1860年12月10日)生誕 -昭和十三(1938)年五月四日薨去(七十七歳)は、柔道家、教育者。

経歴

 万延元年庚申(かのえさる57)十月二十八日(1860年12月10日)に摂津国御影村(のちの兵庫県神戸市東灘区御影町)で、父・嘉納治郎作(希芝)と母・定子の三男として誕生。

 明治七年(1874年)に育英義塾(後の育英高校)に入塾。その後、官立東京開成学校(後の東京大学)に進学。明治十年(1877年)に東京大学に入学した。東京大学時代には中村正直や三島中洲に漢文学を学び、渋沢栄一の経済学の講義を受け、またアーネスト・フェノロサの薫陶を受けその指導の下、政治学、理財学(経済学)、哲学、道義学(倫理学)、審美学を学ぶ。

 明治十一年(1878年)に漢学塾二松學舍(後の二松學舎大学)の塾生となる。しかし育英義塾・開成学校時代から自身の虚弱な体質から強力の者に負けていたことを悔しく思い非力な者でも強力なものに勝てるという柔術を学びたいと考えていたが、親の反対により許されなかった。天神真楊流(てんじんしんようりゅう)の福田八之助に念願の柔術入門を果たす。

 明治十五年(1882年)に下谷北稲荷町16(のちの台東区東上野5丁目)にある永昌寺の12畳の居間と7畳の書院を道場とし囲碁・将棋から段位制を取り入れ講道館を設立した。

明治十六(1883)年十月に起倒流皆伝。治五郎は柔術のみならず剣術や棒術、薙刀術などの他の古武道についても自らの柔道と同じように理論化することを企図し香取神道流や鹿島新当流の師範を招いて講道館の有段者を対象に「古武道研究会」を開き、剣術や棒術を学ばせた。

 嘉納は教育者としても尽力し、明治十五(1882)年一月から学習院教頭、明治二十六年(1893年)より通算25年間ほど東京高等師範学校(後の東京教育大を経たのちの筑波大学)の校長ならびに東京高等師範学校附属中学校(後の筑波大学附属中学校・高等学校)校長を務めた。

 明治四十二年(1909年)に東洋初のIOC(国際オリンピック委員会)委員となる。昭和十一年(1936年)のIOC総会で、昭和十五年(1940年)の東京オリンピック(後に日中戦争の激化などにより返上)招致に成功した。嘉納治五郎は昭和十三(1938)年五月四日にカイロ(エジプト)でのIOC総会からの帰国途上(横浜到着の2日前)に氷川丸の船内で肺炎により薨去。七十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA