加藤高明

概要

 加藤高明(かとう たかあき)安政七年庚申(かのえさる57)一月三日(1860年1月25日)生誕-大正十五(1926)年一月二十八日薨去(六十六歳)は、外交官、政治家。位階勲等爵位は正二位大勲位伯爵。学位は法学士(東京大学・1881年)。幼名は総吉(そうきち)。

経歴

 安政七年庚申(かのえさる57)一月三日(1860年1月25日)に尾張藩の下級藩士である服部重文・久子夫妻の次男として誕生。明治五年(1872年)に祖母・加奈子の姉あい子の嫁ぎ先である加藤家に養子に入る。 明治七年(1874年)に叔母の夫・安井譲のすすめで高明と改名する。

 旧制愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)・名古屋洋学校を経て、明治十四(1881)年七月に東京大学法学部を首席で卒業し、法学士の学位を授与された。

 東京大学法学部を卒業後、三菱に入社しイギリスに渡る。帰国後は、三菱本社副支配人の地位につき、明治十九年(1886年)岩崎弥太郎・・喜勢夫妻の長女・春路と結婚する。

 明治二十年(1887年)より官界入りし、外務大臣・大隈重信の秘書官兼政務課長や駐英公使を歴任。明治三十三年(1900年)に第四次伊藤内閣の外務大臣に就任し、日英同盟の推進などに尽力した。

 大正二年(1913年)に桂太郎の主導による立憲同志会の結成に参画して、桂の死後に総理(立憲同志会は党首を総理と呼称していた)となった。同志会と中正会が合同して成立した憲政会の総裁として元老政治の打破・選挙権拡張をめざす。

 大正十三(1924)年六月十一日に憲政会が比較第一党となり加藤は内閣総理大臣となる。それは明治憲法下における選挙結果で選ばれた唯一の首相であった。加藤は初の東京帝国大学出身の首相である。選挙公約であった普通選挙法を成立させ、日ソ基本条約を締結しソ連と国交を樹立するなど、一定の成果をあげた。しかし一方では共産党対策から治安維持法を同時に成立させた。

 大正十五(1926)年一月二十八日に加藤高明は薨去。六十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA