坪内逍遥

概要

 坪内逍遥(つぼうちしょうよう:旧字体:坪內逍遙)安政六年己未(つちのとひつじ56)五月二十二日(1859年6月22日)生誕 -昭和十(1935)年二月二十八日逝去(七十五歳)は、小説家、評論家、翻訳家、劇作家。

経歴

 安政六年己未(つちのとひつじ56)五月二十二日(1859年6月22日)に尾張藩領であった美濃国加茂郡太田宿(現・岐阜県美濃加茂市)で誕生。

 愛知外国語学校(現・愛知県立旭丘高等学校)を卒業。明治九年(1876年)に東京開成学校入学、東京大学予備門(後の第一高等学校)を経て、明治十六年(1883年)に東京大学文学部政治科を卒業し文学士となる。

 東京大学文学部政治科を卒業後、早稲田大学の前身である東京専門学校の講師となり、後に早稲田大学教授となる。明治十八年(1885年)に評論『小説神髄』を発表。小説を美術(芸術)として発展させるために、小説はまず人情を描くべきで、世態風俗の描写がこれに次ぐと論じた。この心理的写実主義によって日本の近代文学の誕生に大きく貢献した。

 明治二十二年(1889年)に徳富蘇峰の依頼で『国民之友』に「細君」を発表して後は小説執筆を断ち、明治二十三年(1890年)からシェイクスピアと近松門左衛門の本格的な研究に着手。明治二十四年(1891年)に雑誌『早稲田文学』を創刊する。

 明治四十二年(1909年)から『ハムレット』に始まり、昭和三年(1928年)『詩編其二』に至るまで独力でシェイクスピア全作品を翻訳刊行した。坪内逍遥は昭和十(1935)年二月二十八日に逝去。七十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA