秋山好古

概要

 秋山好古(あきやまよしふる)安政六年己未(つちのとひつじ56)一月七日(1859年2月9日)生誕-昭和五(1930)十一月四日薨去(七十一歳)は、陸軍軍人。最終階級及び位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。通称は信三郎。

経歴

 安政六年己未(つちのとひつじ56)一月七日(1859年2月9日)に伊予松山城下(現・愛媛県松山市歩行町)に松山藩士の父・秋山久敬、母・貞の三男として誕生。

 好古は藩校・明教館(現在の愛媛県立松山東高等学校)に入学し、家計を支えつつ学ぶ。明治八年(1875年)に納金不要で月に8円の学費を支給され、官立大阪師範学校(現在の大阪教育大学)に入学。明治九(1876)年七月に官立大阪師範学校卒業。愛知県師範学校附属小学校(現在の愛知教育大学附属名古屋小学校)に勤務する。

 明治十(1877)年五月に教職を辞し、陸軍士官学校(旧3期)入校。明治十二(1879)年十二月二十三日に陸軍士官学校卒業。任陸軍騎兵少尉。東京鎮台に配属される。

 明治二十(1887)年七月二十五日にフランスへ渡り、騎兵戦術の習得に努める。明治二十四(1891)年十二月十三日に帰国。同年十二月二十六日に騎兵第1大隊中隊長に異動。明治二十七年(1894年)に日清戦争に従軍。

 明治三十一(1898)年十月一日に陸軍騎兵実施学校長に異動する。明治三十四(1901)年五月三十日に軍司令官・山根武亮少将の清国駐在軍参謀長に異動する。明治三十五(1902)年六月二十一日に陸軍少将に昇任する。

 明治三十七年(1904年)の日露戦争において、騎兵第一旅団長として出征し、第二軍に属して、騎兵戦術を駆使してロシア軍と戦う。その後、「日本騎兵の父」とも呼ばれた。大正五(1916)年十一月十六日に陸軍大将に任ぜられる。大正十二(1923)年予備役に編入。

 大正十三(1924)四月に私立北予中学校(現在の愛媛県立松山北高等学校)校長就任。昭和五(1930)年四月九日に私立北予中学校校長を辞任する。昭和五(1930)十一月四日に秋山好古は薨去。七十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA