斎藤実

概要

 斎藤実(さいとうまこと:旧字体:齋藤 實)安政五年戊午(つちのえうま55)十月二十七日(1858年12月2日)生誕-昭和十一(1936)年二月二十六日薨去(七十七歳)は、海軍軍人、政治家。位階勲等功級爵位は従一位大勲位功二級子爵。号は皋水(こうすい)。

経歴

 安政五年戊午(つちのえうま55)十月二十七日(1858年12月2日)に仙台藩水沢城下で、水沢伊達氏に仕える藩士・斎藤軍記(耕平)高庸の子として誕生。

 明治六(1873)十月二十七日に海軍兵学寮(後の海軍兵学校)に入学する。明治十二年(1879年)に卒業(第六期)。明治十七(1884)年九月十九日から明治二十一(1888)十月二十六日までアメリカ留学兼駐米公使館付駐在武官を務める。。明治二十四(1888年)に帰国する。

 帰国後、海軍参謀本部員、「秋津洲」、「厳島」艦長を歴任した。明治三十一(1898)年十一月十日に第一次大隈内閣の山本権兵衛海軍大臣の推挙により海軍次官に就任する。明治三十九年(1906年)に第一次西園寺内閣で海軍大臣を拝命し、第一次山本内閣まで8年間務めた。大正元年(1912年)に海軍大将に任官する。

 昭和六(1931)年九月に満州事変が勃発し、昭和七(1932)年五月十五日に犬養毅首相が海軍若手将校らにより暗殺された(五・一五事件)。斎藤は同年五月二十六日に第三十代内閣総理大臣に就任(同年七月六日まで外務大臣兼任)する。昭和九(1934)年七月八日に斎藤実内閣は総辞職した。

 昭和十一(1936)年二月二十六日に陸軍青年将校により斎藤実は殺害され薨去(二・二六事件)。七十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA