後藤新平

概要

 後藤新平(ごとうしんぺい)安政四年丁巳(ひのとみ54)六月四日(1857年7月24日)生誕 – 昭和四(1929)年四月十三日薨去(七十一歳)は、医師、官僚、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。

経歴

 安政四年丁巳(ひのとみ54)六月四日(1857年7月24日)に仙台藩水沢城下に、父・仙台藩一門留守家の家臣・後藤実崇と母・利恵の長男として誕生。

 後藤は廃藩置県後、胆沢県(いさわけん)大参事であった安場保和(やすばやすかず)に認められ、後の海軍大将・斎藤実とともに書生として引き立てられ、県庁に勤務した。安場が岩倉使節団に参加して帰国した直後に福島県令となると後藤は安場を頼り、福島洋学校に入った。

 後藤は須賀川医学校に入学。同校では成績は優秀で、卒業後は安場が愛知県令を務めることになり、それについていくことにして愛知県医学校(現・名古屋大学医学部)の医者となる。

 明治十五(1882))年二月に愛知県医学校での実績や才能を見出され、軍医の石黒忠悳(いしぐろ ただのり)に認められて内務省衛生局に入り、医者としてよりも官僚として病院・衛生に関する行政に従事することとなった。

 明治二十三年(1890年)にドイツに留学。西洋文明の優れた部分を強く認める一方で同時にコンプレックスを抱くことになったという。帰国後、留学中の研究の成果を認められて医学博士号を授与され、明治二十五(1892)年十二月に内務省衛生局長に就任した。

 内務省衛生局員時代に局次長として上司だった石黒忠悳が、陸軍次官兼軍務局長の児玉源太郎に後藤を推薦したことによって、明治二十八(1895)年四月一日に、臨時陸軍検疫部事務官長として官界に復帰した。その行政手腕の巧みさから、臨時陸軍検疫部長として上司だった児玉の目にとまる。

 明治三十一(1898)年三月に児玉が台湾総督となると後藤を抜擢し、自らの補佐役である民生局長とした。新渡戸稲造を招聘し、殖産局長心得、臨時台湾糖務局長として台湾でのサトウキビやサツマイモの普及と改良に大きな成果を残している。

 明治三十九年(1906年)に南満州鉄道初代総裁に就任し、大連を拠点に満州経営に活躍した。大正八年(1919年)に、後藤は拓殖大学学長に就任。拓殖大学の礎を築いた。

 明治四十一(1908)年七月十四日に第二次桂内閣で後藤は逓信大臣・初代内閣鉄道員総裁に就任。 寺内内閣で内務大臣、外務大臣を歴任した。大正九(1920)年十二月十七日に東京市長に就任した。

  大正十二(1923)年九月一日に関東大震災が発生。震災の直後に組閣された第二次山本内閣で、後藤は内務大臣兼帝都復興院総裁として震災復興計画を立案した。

 昭和三年(1928年)に後藤はソ連を訪問してスターリンと会見し国賓待遇を受ける。しばしば総理大臣候補として名前が取り沙汰されながら結局就任できなかった原因として、前首相にして政友会総裁の西園寺公望の失脚を画策し、最後の元老となった西園寺に嫌われていたことが大きいと徳富蘇峰が語っている。

 昭和四(1929)年四月十三日に後藤新平は薨去。七十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA