蝦名賢造

概要

 蝦名 賢造(えびな けんぞう)大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)一月二十二日生誕-平成二十一(2009)年己丑(つちのとうし26)一月三日逝去(九十一歳)は、日本の海軍軍人、経済学者、伝記作家、経済学博士。専門は財政学。獨協中学・高校第十六代校長。獨協大学名誉教授。

経歴

 大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)一月二十二日に青森県東津軽郡小湊町で誕生。旧制巣鴨中学校卒。旧制浦和高等学校卒。昭和十六年(1941年)に東京帝国大学経済学部卒。海軍兵科予備学生(第一期)として海軍に入隊。連合艦隊司令部附となり、海軍甲事件で負傷した宇垣纒海軍中将の秘書を務め、戦艦武蔵でトラック島から日本に帰還中に『戦藻録』の一部を筆記しました。最終階級は海軍大尉。

東京帝国大学
宇垣纒
戦艦武蔵

 昭和二十年(1945年)に巣鴨経済専門学校教授(現、巣鴨学園)。昭和二十二年(1947年)に北海道大学法文学部予科選任講師。昭和二十五年(1950年)に北海道総合開発委員会事務局次長。昭和三十七年(1962年)に「北海道の総合開発に関する研究 」により北海道大学より経済学博士号を授与されました。昭和三十八年(1963年)に北海道立総合経済研究所所長。昭和三十九年(1964年)に北海学園大学経済学部教授。北海道都市学会会長。北海学園大学開発研究所第二代所長。昭和四十三年(1968年)に北海道学園大学経済学部長。

北海道庁
北海道大学
北海学園大学

 昭和四十六年(1971年)に獨協大学経済学部教授。同教務部長や、同図書館長を歴任。昭和五十七年(1982年)に第十六代獨協中学・高等学校校長。学校法人獨協学園理事。平成元年(1989年)に獨協大学定年退職。獨協大学名誉教授。巣鴨学園理事。川村学園女子文学部客員講師。

前列右端が蛯名賢造氏
獨協大学

 蝦名賢造は平成二十一(2009)年一月三日午後三時四十五分に腎不全のため神奈川県三浦市の診療所で逝去されました。太平洋戦争で宇垣纒海軍中将の秘書を務めた経済学者の九十一年の生涯でした。

神奈川県三浦市エデンの園

著作

最後の特攻機―覆面の総指揮官宇垣纒 (中公文庫) (日本語) 文庫 – 2000/7/1

蝦名 賢造  (著)

最後の特攻機―覆面の総指揮官宇垣纒 (中公文庫)

新渡戸稲造―日本の近代化と太平洋問題 (Shinhyoron selection (37)) (日本語) 単行本 – 2003/1/1

蝦名 賢造  (著)

新渡戸稲造―日本の近代化と太平洋問題 (Shinhyoron selection (37))

天野貞祐伝 (日本語) 単行本 – 1987/12/1

蝦名 賢造  (著)

天野貞祐伝

札幌農学校 日本近代精神の源流 (蝦名賢造北海道著作集)

稲葉秀三―激動の日本経済とともに60年

硬教育―巣鴨学園の教育精神

札幌市の都市形成と一極集中

札幌農学校・北海道大学百二十五年―クラーク精神の継承と北大中興の祖・杉野目晴貞 (蝦名賢造・北海道著作集 (第2期第1巻))

遠藤隆吉伝―巣園の父、その思想と生涯

北海道牛づくり百二十五年―町村敬貴と町村農場 (北海道著作集)

北海道大学の父佐藤昌介伝―その勇ましく高尚なる生涯


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA