佐藤昌介

概要

佐藤昌介(さとうしょうすけ)安政三年丙辰(ひのえたつ53)十一月二十四日(1856年12月21日)生誕 -昭和十四(1939)年六月五日薨去(八十二歳)は、北海道帝国大学初代総長。日本初の農学博士のひとり。

経歴

 安政三年丙辰(ひのえたつ53)十一月二十四日(1856年12月21日)に盛岡藩士・佐藤昌蔵の子として岩手県花巻市で誕生。大学南校、東京英語学校(ともに現・東京大学)に学んだ後、札幌農学校(現・北海道大学)に第1期生として進学。ウィリアム・スミス・クラークに学んだ。

 札幌農学校卒業後、札幌農学校助手に就任。明治十五年(1882年)に自費で渡米し、ホートン農場で農業技術を習得した。アメリカ合衆国メリーランド州にあるジョンズ・ホプキンズ大学( Johns Hopkins University)でおよそ2年間学ぶ。

 明治十九年(1886年)に札幌農学校教授となる。明治二十七(1894年)に札幌農学校校長に就任。新渡戸稲造らと共に明治三十二年(1899年)に日本で初めて農学博士の称号を授与された。

 明治四十年(1907年)に東北帝国大学農科大学学長に就任。明治四十三(1910)年十二月までは東北帝国大学の総長の職務も代行した。大正七年(1918年)に東北帝国大学農科大学が北海道帝国大学へと移行するのに合わせ、北海道帝国大学の総長に就任した。

 昭和十四(1939)年六月五日に佐藤昌介は薨去。八十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA