鳩山和夫

概要

 鳩山和夫(はとやまかずお)安政三年丙辰(ひのえたつ53)四月三日(1856年5月6日)生誕 – 明治四十四(1911)年十月三日逝去(五十五歳)は、政治家、法律家。位階勲等学位は正四位勲三等法学博士。日本人第1号の法学博士。

経歴

 安政三年丙辰(ひのえたつ53)四月三日(1856年5月6日)に武蔵国江戸虎門(現・東京都港区虎ノ門)に美作勝山藩の藩士・鳩山十右衛門博房、喜久子の四男として誕生。

 明治八年(1875年)に開成学校(のち東京大学)を卒業する。第1回留学生に選ばれ、米国へ留学。コロンビア大学で法学士を取得する。明治十三年(1880年)にイェール大学で法学博士号を取得する。帰国後、代言人(弁護士)・東京帝国大学講師等を歴任した。

 明治十五(1882)年二月に東京府会議員に当選する。明治十八(1885)年四月に外務省入省。外務省書記官、取締局長、東京帝国大学教授に就任。明治二十三(1890)七月に東京専門学校(のち早稲田大学)の校長に就任。

 明治二十七(1894)年三月に第三回衆議院議員総選挙に東京府第9区より当選。明治二十九(1896)年十二月に衆議院議長に就任。明治三十一(1898)年九月に外務次官に就任。明治三十五(1902)年九月に東京専門学校が早稲田大学となり、早稲田大学校長。明治四十一(1908)年一月に立憲政友会に入会した。

 明治四十四(1911)年十月三日に鳩山和夫は逝去。五十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA