川田龍吉

概要

 川田龍吉(かわだりょうきち)安政三年丙辰(ひのえたつ53)三月十四日(1856年4月18日)生誕 – 昭和二十六(1951)年二月九日逝去(九十四歳)は、実業家。男爵。

経歴

 安政三年丙辰(ひのえたつ53)三月十四日(1856年4月18日)父・土佐藩士川田小一郎(後の日本銀行総裁、男爵)と母・美津の長男として、土佐郡杓田村(現・高知市元町)で誕生。

 英米系医学を教える慶應義塾医学所に入塾するが一年たらずで中退。明治十年(1877年)から7年間、英国スコットランドに留学、グラスゴー大学で船舶機械技術を学ぶ。造船業の盛んな同地で実地修行すると共に、欧米式の農業にも触れる。

 帰国後、三菱製鉄所、日本郵船を経て明治二十六年(1893年)に横浜船渠(よこはませんきょ)取締役となり、明治三十年(1897年)に社長に就任する。その前年、父急死のため男爵を継いでいる。明治三十六年(1903年)に社長を辞任する。

 明治三十九年(1906年)に函館船渠会社専務取締役として北海道へ渡る。明治四十一年(1908年)に欧米からアイリッシュ・コブラーという品種の馬鈴薯を自営の農場に導入し普及を図る。この品種は後に、川田の爵位にちなみ男爵いもの名で知られるようになった。

 明治四十四年(1911年)に函館船渠を退社。余生を北海道農業近代化のためにささげることを決意する。渡島当別(現・北海道北斗市)に山林農地の払い下げを受け農場を建設、最新式の農機具を多数輸入し機械化による農業を試みた。

 昭和二十六(1951)年二月九日に川田龍吉は逝去。九十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA