小村壽太郎

概要

 小村寿太郎(こむら じゅたろう:正体字:壽太郞)安政二年乙卯(きのとう52)九月十六日(1855年10月26日)生誕 -明治四十四(1911)年十一月二十六日 薨去(五十六歳)は、外交官、政治家、外務大臣、貴族院議員。栄典は従二位勲一等旭日桐花大綬章。侯爵。

経歴

 安政二年乙卯(きのとう52)九月十六日(1855年10月26日)に日向国飫肥藩(おびはん)藩士・小村寛(寛平)と梅(梅子)の長男として誕生。

 文久元年(1861年)に寿太郎は飫肥藩の藩校、振徳堂で学ぶ。たゆまぬ努力と負けん気の強さにより成績は常に優秀だった。明治二年(1869年)に佐賀藩設立の致遠館(ちえんかん)で学ぶため寿太郎は長崎に赴いた。

 明治三年(1870年)に寿太郎は上京して大学南校に入学した。改組された開成学校では法学部に進み、どの教科でも優秀な成績を収め、成績順は2位(1位は鳩山和夫)であった。明治八年(1875年)に第1回文部省海外留学生に選ばれてハーバード大学へ留学した。

 明治十三(1880)年十一月十八日に小村は帰国し、同年十二月六日に司法省に入省した。小村が司法省から外務省に転じた頃、父の寛が経営していた飫肥商社が倒産し、小村は莫大な借金をかかえた。妻子を養いつつ巨額の債務を返還しなければならない小村の生活は著しく困窮した。

 明治二十六(1893)年十一月に清国公使館参事官として小村は北京に着任した。ある宴席で小村が原綿の生産額や貿易の状況、綿花の種類に至るまで事細かに論じていたのを、陸奥宗光が感心して聞いたことがあったという。小村は、借財返済のために翻訳の内職をしていて様々な書籍や文章を翻訳して原稿料を得ていたが、これによりあらゆる知識もともに得ていたのである。ただし、体格が小柄で身なりも貧相、毒舌で周囲から変わり者呼ばわりされてきた小村が外交官となるのを反対する声も多かった。

 明治二十九(1896)年六月十一日に小村は日本に呼び戻されて、原敬に代わって外務次官に着任した。明治三十一(1898)年九月十三日に駐米公使に任命された小村は、同年十月二十二日に日本を出発し、同年十一月九日にサンフランシスコに到着し、ワシントンD.C.に着任した。

 明治三十三(1900)年二月二十三日に小村はロシア勤務を命ぜられ、同年四月十二日に離米して、途中、ロンドンに寄り、ロシアに到着した同年五月二十四日に駐露公使に就任した。

 明治三十四(1901)年六月に小村は日清戦争以来小村を高く買っていた桂太郎に招かれ、第一次桂内閣の外務大臣に就任した。明治三十五(1902)年一月三十日に日英同盟条約がロンドンで調印された。日英同盟成立に当時の日本国民、日本国家は喜び、小村は日英同盟締結の功により男爵を授けられた。

 明治三十七(1904)年二月十日にロシア帝国に宣戦布告が発せられた。明治三十八(1905)年五月二十七日から二十八日にかけての日本海海戦での完全勝利は、日本にとって講和への絶好の機会となった。

 ロシア帝国との講和条約は明治三十八(1905)年九月四日(日本時間では9月5日15時47分)にアメリカ合衆国ニューハンプシャー州ポーツマス近郊のポーツマス海軍造船所において、日本全権小村寿太郎(外務大臣)とロシア帝国全権セルゲイ・Y・ウィッテの間で調印された。

 明治四十一(1908)年六月に西園寺公望首相が辞意を表明し、同年七月十四日に内閣総辞職し、桂太郎が第二次桂内閣を組織、小村は再び外務大臣に就任した。明治四十四(1911)年八月二十五日に第二次桂内閣は総辞職し、小村は外相を辞して政界を引退した。

 明治四十四(1911)年十一月二十六日に小村壽太郎は 薨去。五十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA