都留重人

概要

 都留 重人(つる しげと)明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)三月六日生誕-平成十八(2006)年丙戌(ひのえいぬ23)二月五日逝去(93歳)は日本の経済学者、一橋大学名誉教授。公害の政治経済学を提唱し、雑誌『公害研究』(現『環境と公害』)を創刊しました。

 初代一橋大学経済研究所長、第六代一橋大学学長、ハーバード大学客員教授、イェール大学客員教授、国際経済学連合会長(日本人初)、日本学士院会員等を歴任しました。日本人として2人目のハーバード大学名誉学位保持者です。国民経済計算における三面等価の原則の考案・命名などをおこないました。

一橋大学
ハーバード大学
イェール大学

経歴

 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)三月六日に東京都で誕生。名古屋市育ち。熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校第四学年修了を経て第八高等学校(現・名古屋大学)に入学したが、日本の中国侵入に反対し欠席届を出さずにストライキを起こしたため(反帝同盟事件)、宮崎辰雄(元神戸市長)、田中文雄(元王子製紙社長)、河本敏夫(元通産大臣)らとともに除籍されました。

 アメリカ合衆国ウィスコンシン州のローレンスカレッジに1年間留学しました。その後ハーバード大学の学部に入学し、昭和十年(1935年)に優等賞を取得し卒業、大学院に進学しました。大学院ではポール・サミュエルソンが同窓生でした。昭和十一年(1936年)、同大大学院で修士号取得。結婚後、昭和十五年(1940年)、同大大学院で博士号 (Ph.D) を取得して、ハーバード大学講師となりました。

 昭和十七年(1942年)に第二次世界大戦勃発(日米開戦)によりハーバード大学を辞職して帰国しました。妻の伯父である木戸幸一に頼み、外務省嘱託として就職しました。

 昭和十八年(1943年)に旧制東京商科大学東亜経済研究所(現一橋大学経済研究所)嘱託研究員となりました。二等兵として兵役後、外務省勤務となりました。

 終戦後、昭和二十二年(1947年)に片山内閣の下で経済安定本部総合調整委員会副委員長(次官級待遇)に就任、第1回経済白書『経済実相報告書』を執筆しました。

 昭和二十三年(1948年)に東京商科大学(現・一橋大学)教授に就任しました。その後、アメリカ留学当時、共産主義者であったことを告白しました。

客員教授昭和24)年、中山伊知郎の後任として、新制一橋大学経済研究所の初代所長に就任しました。昭和二十五年(1950年)に第二期日本学術会議会員。昭和三十一年(1956年)に一橋大学経済研究所長を退任。同年、ハーバード大学客員教授。昭和三十五年(1960年)にイェール大学客員教授に就任しました。

 一橋出身者以外からは初となる一橋大学学長を昭和四十七年(1972年)から昭和五十年(1975年)まで務めました。昭和五十年(1975年)から昭和六十年(1985年)まで朝日新聞社論説顧問。昭和六十一年(1986年)から平成二年(1990年)まで明治学院大学教授を務めました。

 平成十八(2006)年二月五日に都留重人は前立腺がんの為逝去。国際的な経済学者の九十三年の生涯でした。

著作

現代経済学の群像 (岩波現代文庫) (日本語) 文庫 – 2006/9/15

都留 重人  (著)

 

近代経済学の群像 (岩波現代文庫)

経済学はむずかしくない(第2版) (講談社現代新書) (日本語) 新書 – 1974/1/1

都留 重人 (著)

経済学はむずかしくない(第2版) (講談社現代新書)

サムエルソン 経済学〈上〉 (日本語) 単行本 – 1992/5/15

サムエルソン 経済学〈上〉

P.A. サムエルソン (著), W.D. ノードハウス (著), Paul A. Samuelson (原著), & 2 その他

いくつもの岐路を回顧して―都留重人自伝 (日本語) 単行本 – 2001/11/22

都留 重人  (著)

いくつもの岐路を回顧して―都留重人自伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA