辰野金吾

概要

 辰野金吾 (たつのきんご)嘉永七年甲寅(きのえとら51)八月二十二日(1854年10月13日)生誕- 大正八(1919)年三月二十五日薨去(六十四歳)は、建築家。位階勲等は従三位勲三等。工学博士。

経歴

 嘉永七年甲寅(きのえとら51)八月二十二日(1854年10月13日)に肥前国(現在の佐賀県)唐津藩の下級役人・姫松蔵右衛門とオマシの間に次男として誕生。

 明治元年(1868年)に叔父の辰野宗安の養子となる。明治六年(1873年)に工部省工学寮(のち工部大学校、現在の東大工学部)に第一回生として入学。明治八年(1875年)に、造船から造家(建築)に転じる。明治十二年(1879年)に造家学科を首席で卒業。明治十三年(1880年)英国留学に出発。コンドルの前職場と出身校であるバージェス建築事務所とロンドン大学で学ぶ。明治十六年(1883年)に帰国。

 明治十七年(1884年)コンドルの教授退官後、工部大学校教授に就任。明治十九年(1886年)に帝国大学工科大学教授、造家学会(のちの日本建築学会)を設立。辰野金吾建築事務所を設立。明治三十一年(1898年)に帝国大学工科大学学長に就任。明治三十五年(1902年)に工科大学を辞職。

 明治四十五年(1912年)早稲田大学建築学科顧問に就任。大正八年(1919年)国会議事堂の設計競技で審査員を務める。当時大流行したスペインかぜに罹患し、大正八(1919)年三月二十五日に薨去。辰野金吾は六十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA