中上川彦次郎

概要

 中上川彦次郎(なかみがわひこじろう)嘉永七年甲寅(きのえとら51)八月十三日(1854年10月4日)生誕 -明治三十四(1901)年十月七日逝去(四十七歳)は、明治時代の官吏・実業家。三井家の最高議決機関である「三井家同族会」を設置。

経歴

 嘉永七年甲寅(きのえとら51)八月十三日(1854年10月4日)に大分県中津市金谷森ノ丁に豊前中津藩士・中上川才蔵・婉夫妻の長男として誕生。福沢諭吉の甥(母・婉が諭吉の姉)にあたる。

 漢学を修め、十五歳頃まで藩校・進脩館(しんしゅうかん)で四書五経を学んだ後、講師となる。その後、大坂に出て適塾で学ぶ。明治二年(1869年)に東京留学が許され慶應義塾に入学。卒業後、中津市学校・伊予宇和島藩の洋学会社の教員などを歴任後、小泉信吉と共にイギリス留学、元老院議官の井上馨を知る。

 明治十一年(1878年)に工部卿・井上馨に誘われて工部省に入省。井上馨の秘書官となる。井上が外務卿となると中上川も外務省に入り、公信局長となる。明治十三年(1880年)に、外務省太政官権大書記官に昇進する。

 三菱から社長就任の要請があり、明治二十年(1887年)に山陽鉄道(現在のJR山陽本線の前身)創設時の社長となる。明治二十四年(1891年)に三井銀行の経営危機に際して井上馨の要請を受けて福澤諭吉は当初、学卒第一号を慶應から選んだが、失敗した。そこで、慶應を卒業して福澤の甥であり、上述のように井上とも知己であった中上川が山陽鉄道を退社して三井財閥に入る。

 三井銀行及び同財閥の経営を任された中上川は益田孝らとともに三井財閥が政商として抱えていた明治政府との不透明な関係を一掃。不良債権の回収に奔走し、まず手始めに本願寺から差し押さえも辞さない態度で債権回収に成功、また伊藤博文の京遊びの不足分の借り受けの申し込みも断り、さらに井上馨の反対を押し切って桂太郎の邸宅を差し押さえるなど、豪腕にして財務体質の健全化を図った。王子製紙・鐘淵紡績・芝浦製作所などを傘下に置いて三井財閥の工業化を推進した。

 明治三十四(1901)年十月七日に中上川彦次郎は逝去。四十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA