高橋是清

概要

 高橋是清(たかはしこれきよ)嘉永七年甲寅(きのえとら51)閏七月二十七日(1854年9月19日)生誕 -昭和十一(1936)年二月二十六日薨去(八十一歳)は、江戸時代末期の仙台藩士。官僚・政治家。栄典は正二位大勲位子爵。幼名は和喜次。

経歴

 嘉永七年甲寅(きのえとら51)閏七月二十七日(1854年9月19日)に父・幕府御用絵師・川村庄右衛門と母・きんの子として、江戸芝中門前町(現、東京都港区大門)に誕生。生後まもなく仙台藩の足軽・高橋覚治の養子になる。

 横浜のアメリカ人医師ヘボンの私塾であるヘボン塾(現・明治学院大学)で学び、慶応三年(1867年)に藩命により、勝海舟の息子・小鹿とアメリカへ留学した。しかし横浜に滞在していたアメリカ人の貿易商によって学費や渡航費を着服され、牧童や葡萄園で奴隷として扱われる。この間、英語の会話と読み書き能力を習得する。

 明治元年(1868年)に帰国。明治六年(1873年)に森有礼に薦められて文部省に入省し、大学予備門で教える傍ら当時の進学予備校の数校で教壇に立ち、そのうち廃校寸前にあった共立学校(現・開成中学校・高等学校)の初代校長をも一時務めた。教え子には俳人の正岡子規や海軍中将・秋山真之がいる。

 明治二十二年(1889年)にペルーで銀鉱事業を行うが、すでに廃坑のため失敗。明治二十五(1892年)に帰国した後にホームレスとなるが、川田小一郎に声をかけられ、日本銀行に入行する。

 日露戦争 が勃発した際には日銀副総裁として、戦費調達のために戦時外債の公募で同盟国のイギリスに向かった。投資家には兵力差による日本敗北予想、日本政府の支払い能力、同盟国英国が建前として局外中立の立場で公債引受での軍費提供が中立違反となる懸念があった。しかし公債募集は成功し、戦費調達が出来た。明治四十四年(1911年)に日銀総裁に就任した。

 大正二年(1913年)に第一次山本内閣の大蔵大臣に就任、この時立憲政友会に入党する。政友会の原敬が組閣した際にも大蔵大臣となり、原が暗殺された直後、財政政策の手腕を評価され第二十代内閣総理大臣に就任、同時に立憲政友会の第四代総裁となった。

 高橋は政友会総裁を田中義一に譲り政界を引退するが、昭和二年(1927年)に昭和金融恐慌が発生し、瓦解した第一次若槻内閣に代わって組閣した田中に請われ自身3度目の蔵相に就任した。高橋は日銀総裁となった井上準之助と協力し、支払猶予措置(モラトリアム)を行うと共に、片面だけ印刷した急造の200円札を大量に発行して銀行の店頭に積み上げて見せて、預金者を安心させて金融恐慌を沈静化させた。

 昭和六年(1931年)に政友会総裁・犬養毅が組閣した際も、犬養に請われ4度目の蔵相に就任し、金輸出再禁止・日銀引き受けによる政府支出(軍事予算)の増額で、世界恐慌により混乱する日本経済をデフレから世界最速で脱出させた(ケインズ政策)。斎藤実が組閣した際も留任(5度目)。昭和九年(1934年)に岡田啓介首班の内閣で6度目の蔵相に就任。当時、ケインズ政策はほぼ所期の目的を達していたが、これに伴い高率のインフレの発生が予見されたため、これを抑えるべく(出口戦略)軍事予算の縮小を図ったところ軍部の恨みを買い、昭和十一(1936)年二月二十六日の二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍の青年将校らに胸を6発撃たれ、暗殺された。高橋是清は八十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA