岡崎邦輔

概要

 岡崎邦輔(おかざきくにすけ)嘉永七年甲寅(きのえとら51)三月十五日(1854年4月12日)生誕 – 昭和十一(1936)七月二十二日逝去(八十二歳)は、政治家、実業家。号は晩香。

経歴

 嘉永七年甲寅(きのえとら51)三月十五日(1854年4月12日)に、紀州藩士・長坂学弥(ながさかがくや)の子として誕生。邦輔の母親は陸奥宗光の母親と姉妹で、陸奥宗光と岡崎邦輔は従兄弟の関係にある。

 慶応四年(1868年)に鳥羽・伏見の戦いで初陣。維新後の明治六年(1873年)に従兄弟の陸奥を頼り上京。明治二十一年(1888年)に駐米特命全権公使となった陸奥に従い渡米する。アメリカで岡崎はミシガン大学で学び、この時期に南方熊楠と出会っている。明治二十三年(1890年)に帰国。

 明治二十四年(1891年)に陸奥の議員辞職にともなう第一回衆議院議員総選挙補欠選挙で衆議院議員に当選する。このとき、当時の制限選挙で被選挙権を得るため、当時の紀州の素封家、岡崎家へ名目の上だけで養子となって姓を改めた。以後当選回数10回。明治三十年(1897年)に自由党に入党する。陸奥宗光の没後は、自身と同じく陸奥の引き立てを受けた星亨に接近し、星の懐刀として活躍する。

 大正元年(1912年)に立憲国民党の犬養毅、政友会の尾崎行雄らとともに第三次桂内閣の倒閣に動き、憲政擁護運動を展開する。大正四年(1915年)に政友会総務委員に就任する。西園寺公望の政友会総裁辞任後は、自身と同じく陸奥宗光の引き立てを受けた原敬を支え、大正七年(1918年)に原内閣が誕生した。

 大正十年(1921年)に原が東京駅で暗殺後は政友会刷新派を支持し、第二次護憲運動で活躍し清浦内閣倒閣と、憲政会総裁・加藤高明を首班とする護憲三派内閣成立に動いた。大正十四年(1925年)に加藤高明内閣の農林大臣として入閣する。昭和三年(1928年)に貴族院議員に勅選される。

 実業家としては、渋沢栄一らとともに京阪電気鉄道の創立に加わり、発足後は役員を務め、大正六年(1917年)に第三代社長となった。

 昭和十一(1936)七月二十二日に岡崎邦輔は逝去。八十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA