依田勉三

概要

 依田勉三(よだべんぞう) 嘉永六年癸丑(みずのとうし50)五月十五日(1853年6月21日)生誕 -大正十四(1925)年十二月二日逝去(七十二歳)は北海道開拓者。北海道開墾を目的として結成された「晩成社」を率い帯広市を開拓した。北海道神宮開拓神社の祭神。

経歴

 嘉永六年癸丑(みずのとうし50)五月十五日(1853年6月21日)に伊豆国那賀郡大沢村(現、静岡県賀茂郡松崎町)の豪農の依田善右衛門の三男として誕生。戸籍上は次男となっている。幼名を久良之助。

 土屋三余(つちやさんよ)・西郷頼母(さいごうたのも)から漢籍を教わる。兄とともに伊豆の松崎町にある土屋三余の私塾「三余塾」で学ぶ。十九歳の時に上京し英学塾(ワデル塾)に学び後に開拓の同志となる鈴木銃太郎・渡辺勝と知り合う。その後慶應義塾に進み、当時の新知識を吸収。福沢諭吉らの影響もあり、北海道開拓の志を立てたが、胃病と脚気のため2年在学の後中退し郷里に帰る。

 明治十二年(1879年)に兄・佐二平が提唱した洋学校に渡辺を招き教頭とし私立豆陽学校として開校した。この学校は後に郡立中学豆陽学校と名称を変更した後、静岡県立下田北高等学校となる。同校の同窓会は豆陽会を名乗る。

 明治十四年(1881年)に晩成社の代表発起人として単身北海道に渡る。晩成社は失敗に終わるが、開田事業は成功して、十勝開拓の父と呼ばれた。大正十四(1925)年十二月二日に依田勉三は逝去。七十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA