小泉信吉

概要

 小泉信吉(こいずみのぶきち)嘉永六年癸丑(みずのとうし50)二月三日(1853年3月12日)生誕 -明治二十七(1894)年十二月八日逝去(四十一歳)は、慶應義塾長、横浜正金銀行支配人。

経歴

 嘉永六年癸丑(みずのとうし50)二月三日(1853年3月12日)に紀伊国紀州藩士紀州徳川家の侍医の小泉文庫の子として紀伊国名草郡宮村(現、和歌山市)で誕生。母は板谷氏。

 慶応二年(1866年)に江戸に出府。福沢諭吉の蘭学塾(のちの慶応義塾)に入り、洋学を学んだ。紀州藩から慶應義塾への藩費留学生は当時多く居たが、特に小泉は紀州でも神童と言われ、戊辰戦争が始まると多くの藩士が帰郷する中、福澤諭吉が紀州藩の執政に頼んで、江戸に留まることができた。

 大学南校、開成学校教授に就任。明治九年(1876年)に紀州徳川家の援助を受けて、英国ロンドンに留学した。明治十一年(1878年)に帰国して井上馨に抜擢されて、大蔵省奏任御用掛となった。明治十二年(1879年)に横浜正金銀行が設立されると、副頭取となり経営に携わる。明治二十五年(1892年)に横浜正金銀行本店支配人に就任した。

 明治二十年(1887年)に慶應義塾評議員の第一会選挙で当選し、慶應義塾長となる。明治二十三年(1890年)に慶應義塾に大学部を創設し、私立の大学としての基礎を固める。

 明治二十七(1894)年十二月八日に小泉信吉は逝去。四十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA