明治天皇

概要

 明治天皇(めいじてんのう)嘉永五年壬子(みずのえね49)九月二十二日(1852年11月3日)生誕- 明治四十五(1912)年七月三十日崩御(五十九歳)は、第百二十二代天皇。諱は睦仁(むつひと)、称号は祐宮(さちのみや)。お印は永(えい)。

経歴

 嘉永五年壬子(みずのえね49)九月二十二日(1852年11月3日)に父・孝明天皇と母・権大納言の中山忠能の娘である中山慶子の第二皇子(皇男子)として京都石薬師・中山邸にて誕生。

 慶応二年十二月二十五(1867年1月30日)に父の孝明天皇が崩御すると慶応三年一月九日(1867年2月13日)に満十四歳で践祚(せんそ)した。元服前の践祚であったので、立太子礼を経ずに皇位継承をしている。父・孝明天皇と同じく中沼了三(なかぬまりょうぞう)を信頼し初の侍講にする。

 践祚から間もなく、薩摩藩や一部の公卿を中心に討幕論が形成され、幕府と討幕派はそれぞれ朝廷への工作を強めていた。慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に征夷大将軍・徳川慶喜が討幕の大義名分を消滅させるために大政奉還を奏上した。翌日、明治天皇は上奏の勅許し、約680年続いた武家政権に終止符を打った

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に薩摩藩・広島藩・尾張藩・福井藩・土佐藩による政変が発生すると王政復古の大号令発し、新政府樹立を宣言する。慶応四年十二月十一日(1868年1月5日)から始まった戊辰戦争において旧幕府勢力を鎮圧した。

 日本が初めて直面した外国との近代戦争である日清戦争と日露戦争では、明治天皇は大本営で直接戦争指導に当たった。他方、日露戦争の『宣戦の詔勅』に続いて作成された勅使草案は、「信教の自由」と「戦争の不幸」を強調していたが、大臣らの署名がないまま公布されなかった。

 明治四十五(1912)年七月三十日に明治天皇は崩御。五十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA