下村治

概要

 下村 治(しもむら おさむ、明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)十一月二十七日生誕-平成元(1989)年己巳(つちのとみ6)六月二十九日逝去。(七十八歳)は、日本の経済学者、大蔵官僚。池田勇人内閣で高度経済成長の政策立案を務めました。

経歴

 明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)十一月二十七日に佐賀県佐賀郡北川副村(現・佐賀市)に誕生。旧制佐賀中学校、旧制佐賀高等学校文科甲類を経て、昭和五年(1930年)に東京帝国大学経済学部に進学し、その後コロンビア大学に留学しました。

東京帝国大学
コロンビア大学

 昭和八年(1933年)に高等試験行政科試験に合格、昭和九年(1934年)に東京帝大経済学部を卒業し大蔵省に入省、昭和三十四年(1959年)退官までの間に経済安定本部物価政策課長、日本銀行政策委員などを歴任しました。大蔵省内では非主流派でした。戦後すぐに、日本銀行43条を巡って、松本重雄らと激しい論戦をしました。その後、独創的な理論経済学者として知られたのは戦後のことであります。昭和二十三年(1948年)に結核を発症して闘病生活を送る間に口述筆記などで論文を執筆し、昭和三十一年(1956年)『経済変動の乗数分析』により東北大学から経済博士号を授与されました。

 退官後は国民金融公庫理事、日本開発銀行理事、日本経済研究所会長を務めました。昭和三十五年(1960年)前半の池田内閣の国民所得倍増計画立案に中心的役割を果たし、日本の高度経済成長に貢献しました。第一次石油ショック以降はゼロ成長を提言しました。最後の著書ではアメリカの経済政策に対する日本経済の過剰対応を警告しました。昭和五十六年(1981年)に勲二等旭日重光章を受章しました。平成元(1989)年六月二十九日逝去。戦後の日本の高度経済成長に貢献した七十八年の生涯でした。

著作

悪いのはアメリカだ 日本は悪くない (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2009/1/9

下村 治  (著)

日本経済学新論 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2020/5/8

中野 剛志  (著)

日本経済成長論 (中公クラシックス) (日本語) 単行本 – 2009/3/1

下村 治  (著)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA