高村光雲

概要

 高村光雲(たかむら こううん)嘉永五年壬子(みずのえね49)二月十八日(1852年3月8日)生誕 -昭和九(1934)年十月十日逝去(八十二歳)は、仏師、彫刻家。幼名は光蔵。

経歴

 嘉永五年壬子(みずのえね49)二月十八日(1852年3月8日)に江戸下谷(現・台東区)に町人・兼吉の子として誕生。文久三年(1863年)から仏師の高村東雲の元に徒弟となる。後に東雲の姉・エツの養子となり、高村姓となる。

 明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。そのような中で光雲は木彫に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。

 明治二十二年(1889年)から東京美術学校に勤務、明治二十三年(1890年)に彫刻科教授、同年十月二日に帝室技芸員に任ぜられる。明治二十六年(1893年)に『老猿』をシカゴ万博に出品。明治三十三年(1900年)に『山霊訶護』をパリ万博に出品。大正十五年(1926年)に東京美術学校を退職し、名誉教授となる。

 昭和九(1934)年十月十日に高村光雲は逝去。八十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA