伊沢修二

概要

 伊沢修二(いさわしゅうじ:旧字体:伊澤)嘉永四年辛亥(かのとい48)六月二十九日(1851年7月27日)生誕 -大正六(1917)年五月三日逝去(六十五歳)は明治時代の教育者、文部官僚。近代日本の音楽教育、吃音矯正の第一人者。号は楽石。

経歴

 嘉永四年辛亥(かのとい48)六月二十九日(1851年7月27日)に信濃国高遠城下(現、長野県伊那市高遠町)に高遠藩士の父・勝三郎、母・多計の子として誕生する。幼名は八弥。

 文久一年(1861年)から藩校進徳館で学び、慶応三年(1867年)に江戸へ出府する。ジョン万次郎に英語を学ぶ。明治二年(1869年)に築地に転居したアメリカ合衆国長老教会の宣教師カラゾルスから英語を学ぶ。京都に遊学して蘭学などを学ぶ。藩の貢進生として大学南校(のちの東京大学)に進学した。

 明治五年(1872年)に文部省へ出仕してのちに工部省へ移る。明治七年(1874年)に再び文部省にもどって愛知師範学校(現在の愛知教育大学)校長となる。同校付属幼稚園で日本の童謡をつかって遊戯唱歌を始めた。

 明治十二(1879)年三月に東京師範学校(現在の筑波大学)の校長となり音楽取調掛に任命され、メーソンを招く。来日したメーソンと協力して西洋音楽を日本へ移植して『小学唱歌集』を編纂する。文部卿・寺島宗則に「音楽取調ニ付見込書」を提出する。国家教育社を創設して忠君愛国主義の国家教育を主張する。教育勅語の普及に努めた。

 内閣制度が発足して明治十八(1885年)に森有礼が文部大臣に就任すると、教科書の編纂などに務める。明治三十年(1897年)に貴族院勅撰議員となる。晩年は高等教育会議員を務めたほか吃音矯正事業に務め、明治三十六年(1903年)に楽石社を創設する。

 大正六(1917)年五月三日に逝去。伊沢修二は六十五年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA