岩崎弥之助

概要

 岩崎弥之助(いわさき やのすけ)嘉永四年辛亥(かのとい48)一月八日(1851年2月8日)生誕 -明治四十一(1908)年三月二十五日逝去(五十七歳)は、実業家。三菱財閥の二代目総帥。男爵。三菱の創業者・岩崎弥太郎の弟。

経歴

 嘉永四年辛亥(かのとい48)一月八日(1851年2月8日)に岩崎弥次郎・美和夫妻の三男として土佐国安芸郡井ノ口村(現、高知県安芸市)に誕生。

 慶応三年(1867年)に土佐藩校の致道館に入学。この時、岩崎家は郷士の地位を失って地下浪人に没落しており、武士の教育を受けられる身分ではなかったが、兄の弥太郎が吉田東洋の知遇を受けて下級役人に出世していたため、入学することができた。

 明治二年(1869年)に大阪に出て、重野安繹(しげの やすつぐ)の私塾成達書院(せいたつしょいん)に入門し、この時に英語を学んだ。明治五年(1872年)にアメリカに留学。明治六(1873)年十一月に父の弥次郎が急逝し、兄の懇願もあって1年で留学を中断して帰国。三菱商会に入社する。

 明治十八(1885)年二月に弥太郎が死亡してからは二代目総帥として三菱の多角化に尽力する。明治二十六年(1893年)に三菱合資会社を設立。三菱の総帥の座を甥の久弥(弥太郎の長男)に譲り、監務(今の相談役)の役職に就く。

 帝国議会の創立時に天皇から勅選され貴族院議員となった。明治二十四(1891)年九月三十日に辞職した。明治二十九年(1896年)に川田小一郎の後任として第四代日本銀行総裁となるも、当時の大蔵大臣と折り合いが悪く、2年ほどで退職した。

 明治四十一(1908)年三月二十五日に岩崎弥之助は逝去。五十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA