清浦奎吾

概要

 清浦奎吾(きようらけいご:旧字体: 淸浦奎吾)嘉永三年庚戌(かのえいぬ47)二月十四日(1850年3月27日)生誕- 昭和十七(1942)年十一月五日薨去(九十二歳)は、官僚、政治家。位階・勲等・爵位は正二位大勲位伯爵。幼名は普寂(ふじゃく)。旧姓は大久保(おおくぼ)。

経歴

 嘉永三年庚戌(かのえいぬ47)二月十四日(1850年3月27日)に、肥後国山鹿郡上御宇田村(現、熊本県山鹿市鹿本町御宇田)の明照寺(浄土真宗本願寺派)住職・大久保了思の五男に誕生。後に清浦の姓を名乗った。

 清浦は慶応元年(1865年)から、豊後国日田で、漢学者・広瀬淡窓が主催する咸宜園(かんぎえん)に学んだ。この時に日田県令を勤めていた松方正義、野村盛秀の知遇を得ている。明治五年(1872年)に上京し、埼玉県令となっていた野村宅を訪問した際に、埼玉県の教育に力を貸すよう求められた。明治六(1873)年十一月に埼玉県権少属となり、明治七年(1874年)に権中属、明治九年(1876年)に中属となった。

 明治九(1876)年八月十一日に司法省に転じ、補司法省九等出仕として出仕した。検事、太政官、内務省の小書記官、参事院議官補などを歴任する。治罪法(今日の刑事訴訟法)の制定に関与した。

 明治十七(1884)年二月二十五日に全国の警察を統括する内務省警保局長に就任。清浦の警保局長在任期間は7年間の長期に及んだ。明治二十四(1891)年四月四日に貴族院議員に勅任され、同年四月九日に警保局長を辞職した。

 明治二十九(1896)年九月十八日に第二次松方内閣の司法大臣に任ぜられた。明治三十九(1906)年四月十三日に枢密顧問官となり、貴族院議員を辞職した。

 大正十二年(1923年)に第二次山本内閣が総辞職すると、総選挙施行のため公平な内閣の出現を望む西園寺の推薦によって、組閣の大命は再び清浦の下に降下して大正十三(1924)年一月七日に組閣を行うこととなった。同年五月十五日に清浦内閣は総辞職した。

  昭和十七(1942)年十一月五日に清浦奎吾は薨去。九十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA