星亨

概要

 星亨(ほしとおる)嘉永三年庚戌(かのえいぬ47)四月八日(1850年5月19日)生誕 -明治三十四(1901)年六月二十一日薨去(五十一歳)は明治時代の政治家。衆議院議員。強引な政治手法と金権体質から「オシトオル」「公盗」「醜魁」などと攻撃された。

経歴

 嘉永三年庚戌(かのえいぬ47)四月八日(1850年5月19日)に江戸築地の小田原町(現、東京都中央区築地)で父が左官屋の佃屋徳兵衛と母松子の子として誕生。父は金遣いが荒く倒産し行方不明となり、母松子が髪結いや下女奉公に出た。松子が浦賀の医師星泰順と結婚し、星姓を名乗った。

 当初は医学を志していた。しかし、英学に転向し、横浜の高島学校やヘボン塾(現、明治学院大学)の元で英学を学んだ。後に英語教師として身を立てる。明治維新後に、陸奥宗光の推挙で、県の二等訳官として月給100円で雇われる。

 明治二年に横浜税関長となる。しかし、英国のクイーンを「女王」と訳したことで、「女皇」と訳すべしとするイギリス公使パークスの抗議を受けた。これに対し、自説を主張し一歩も譲らず、いわゆる「女王事件」を引き起こしたため、引責辞任した。辞任後、法律研究のためイギリスに渡り、日本人初の法廷弁護士資格を取得した。帰国した後は、国内で司法省付属代言人(弁護士)の第1号となって活躍した。

 明治二十三年(1890年)に結成した立憲自由党に参加。明治二十五年(1892年)に自らの衆議院議長就任を公約として第二回衆議院総選挙に栃木第1区から出馬し、当選を果たした。そして、公約どおり二代目議長に選ばれる。

藩閥政治に対する批判者であったが、非藩閥の陸奥宗光からは可愛がられていたため、朝鮮政府の法務顧問や駐米公使を務める。第四次伊藤内閣において、逓信大臣などを務め、明治三十三年(1900年)発足の立憲政友会に参加したことで、伊藤博文からも信頼を受けるようになる。その逞しい政治手腕から「おしとおる」と渾名された位だった。

 東京市会議長であった明治三十四(1901年)年六月二日午後3時過ぎ、伊庭想太郎(心形刀流(しんぎょうとうりゅう:第十代宗家)により、東京市庁参事会議事室内で秘密会終了後、市長・助役・参事会議員たちと懇談中、刺殺された。星亨は五十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA