浅野総一郎

概要

 浅野総一郎(淺野總一郎 あさの そういちろう)嘉永元年戊申(つちのえさる45)三月十日(1848年4月13日)生誕 -昭和五(1930)年十一月九日逝去(八十二歳)は、実業家。一代で浅野財閥を築いた。

 嘉永元年戊申(つちのえさる45)三月十日(1848年4月13日)に越中国射水郡藪田村(現、富山県氷見市)で医師の淺野泰順の長男として誕生。幼名は泰治郎。姉夫婦が家督を継ぐことになったため、嘉永六年(1853年)に氷見郡氷見町の医師・宮崎南禎の養子となるが、理由あって離縁し、文久元年(1861年)に養家より戻った。

 周囲の反対を押し切り、家業の医師ではなく商人を志す。慶応二年(1866年)に射水郡大野村の豪農・鎌仲惣右衛門の長女と婚姻し婿養子となる。越中の海産物等を運搬し北陸への販売を始めたが、船の遭難により巨額の資本を失う。これを契機に商売を諦めるように婚家や身内から説得されるが、商人となることを諦めきれず離縁となる。

 明治四年(1871年)の春に上京。当初は、東京本郷の旅館を宿とした。この宿の主のアドバイスから、夏場は御茶の水の冷たい名水に砂糖を入れた「水売り」、冬は本郷の赤門前で暖かいおでん屋をすると予想以上に繁盛し貯金ができた。浅野はその資金を携え、一旗上げるために当時創業期であった横浜に向かう。横浜で勤めた味噌屋で贈答用の包みとして使われていた竹の皮に興味を持ち、贈答用の竹の皮の販売を手掛ける竹の皮屋となる。これを販売していたところ、医者であった父の旧友と横浜で偶然に再会、その勧めを商機と見た浅野は薪炭商(しんたんしょう)に転向した。

 明治六年(1873年)に石炭や薪炭を売り込む商いによりガス会社とつながりができ、石炭からガスを製造した後の産業廃棄物の処分に困っていた横浜ガス局から、コークスやコールタールを安値で買い取り、セメント製造の燃料として、ただ同然のコークスを官営深川ゼメント製造所に納め、巨万の利益を得た。数年後コレラが流行した時に、消毒剤の材料として、内務省衛生局にコールタールを大量に売却して儲けた。

 明治十七年(1884年)に官営深川セメント製造所を好条件で払い下げられ、これが浅野セメント(後の日本セメント、現在の太平洋セメント)の基礎となる。この払い下げには取引で浅野の仕事ぶりを見込んだ渋沢栄一の後ろ盾があった。浅野は渋沢の助言をもとに、水力発電所や鉄道建設など急増する需要を受けて、積極的な経営戦略を展開する。

 浅野は港湾を近代化し、工場を一体化した日本初の臨海工業地帯を東京市から横浜市にかけての海岸部に政府の支援を受けずに独力で建設することを計画する。この大規模計画に神奈川県は当初、二の足を踏むが、浅野の計画の価値を認めた安田善次郎が支援に乗り出したことで動き出す。安田は渋沢同様に浅野の理解者であった。また安田と浅野は同じ富山県の出身でもあり、浅野総一郎と安田善次郎の個人的な信頼・友情に基づいて、浅野財閥が急速に発展した。

 昭和五(1930)年十一月九日に浅野総一郎は逝去。八十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA