益田孝

概要

 益田孝(ますだたかし)嘉永元年戊申(つちのえさる45)十月十七日(1848年11月12日)生誕 -昭和十三(1938)年十二月二十八日逝去(九十歳)は、江戸時代末期の旗本。明治時代の実業家。日本経済新聞の前身である中外物価新報を創刊した。茶人としても高名で鈍翁と号し、「千利休以来の大茶人」と称された。男爵。三井合名理事長。

経歴

 嘉永元年戊申(つちのえさる45)十月十七日(1848年11月12日)に佐渡国雑太郡相川町(現、新潟県佐渡市相川)で誕生。幼名は徳之進。父の鷹之助は箱館奉行を務めた後、江戸に赴任。孝も江戸に出て、ヘボン塾(現、明治学院大学)に学び、麻布善福寺に置かれていたアメリカ公使館に勤務、ハリスから英語を学ぶ。

 文久三年(1863年)にフランスに派遣された父とともに遣欧使節団(第二回遣欧使節、または横浜鎖港談判使節団)に参加し、ヨーロッパを訪れている。ヨーロッパから帰国後は幕府陸軍に入隊。騎兵畑を歩み、慶応三(1867)年六月十五日に旗本となり、慶応四(1868)年一月に騎兵頭並に昇進した。

 明治維新後の明治二年(1869年)から横浜の貿易商館ウォルシュ・ホール商会に事務員として1年間勤務して多くの商取引を見聞した。大蔵大輔(大蔵次官)の井上馨の勧めで明治五年(1872年)に大蔵省に入省し、造幣権頭となり大阪へ赴任し、旧幕時代の通貨を新貨幣にきりかえる任にあたった。

 明治六年(1873年)に井上が下野すると益田も続いて職を辞した。明治七年(1874年)に英語に堪能だったこともあって井上が設立した先収会社の東京本店頭取(副社長)に就任。明治九年(1876年)に中外物価新報を創刊。同年、先収会社を改組して三井物産設立と共に同社の初代総轄(社長)に就任する。三井物産では綿糸、綿布、生糸、石炭、米など様々な物品を取扱い、明治後期には取扱高が日本の貿易総額の2割ほどをも占める大商社に育て上げた。

 昭和十三(1938)年十二月二十八日に益田孝は逝去。九十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA