東郷平八郎

概要

 東郷平八郎(とうごうへいはちろう)弘化四年丁未(ひのとひつじ44)十二月二十二日(1848年1月27日)生誕 -昭和九(1934)年五月三十日薨去(八十六歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の海軍軍人。階級は元帥海軍大将。位階勲位功級爵位は従一位大勲位功一級侯爵。

 弘化四年丁未(ひのとひつじ44)十二月二十二日(1848年1月27日)に、薩摩国鹿児島城下の加治屋町二本松馬場(現、鹿児島県鹿児島市)に、薩摩藩士・東郷実友と堀与三左衛門の三女・益子の四男として誕生。幼名は仲五郎。

 十四歳の時、元服して平八郎実良と名乗る。文久三年(1862年)に薩摩藩士として薩英戦争に従軍し初陣、慶応三(1867)年六月に分家して一家を興す。戊辰戦争では春日丸に乗り組み、新潟・箱館まで転戦して海戦で戦う。

 明治四年(1871年)から明治十一年(1878年)まで、イギリスのポーツマスに官費留学する。留学の間に国際法を学んだ。明治二十七年(1894年)の日清戦争では緒戦より「浪速」艦長を務め活躍する。威海衛海戦後に少将に進級し同時に常備艦隊司令官となるが、戦時編成のため実際には連合艦隊第一遊撃隊司令官として澎湖島攻略戦に参加。

 日露開戦前の緊迫時期の明治三十六(1903)年十月に海軍大臣・山本権兵衛に呼び戻され、常備艦隊司令長官に任命される。同年十二月に連合艦隊が編成されることになると、第一艦隊兼連合艦隊司令長官に任命された。

 明治三十七(1904)年二月十日からの日露戦争では、旗艦「三笠」に座乗してロシア海軍太平洋艦隊(後に第一太平洋艦隊へ改称)の基地である旅順港の攻撃をはじめとする海軍の作戦全般を指揮する。同年六月六日に大将に昇進している。

 明治三十八(1905)年五月二十七日に、ヨーロッパから極東へ向けて回航してきたロシアのバルチック艦隊(ロシア第二・第三太平洋艦隊)を迎撃する。この日本海海戦でZ旗を掲げて全軍の士気を鼓舞し、日本海海戦に勝利を納めた。

 昭和九(1934)年五月三十日に東郷平八郎は薨去。八十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA