中江兆民

概要

 中江兆民(なかえ ちょうみん)弘化四年丁未(ひのとひつじ44)十一月一日(1847年12月8日)生誕 -明治三十四(1901)年十二月十三日逝去(五十四歳)は、思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)自由民権運動の理論的指導者であり、第一回衆議院議員総選挙における当選者の一人。フランスの啓蒙思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介したことから東洋のルソーと評される。本名は篤介(とくすけ、篤助)。兆民は号。

経歴

 弘化四年丁未(ひのとひつじ44)十一月一日(1847年12月8日)に高知城下の山田町(現、高知市はりまや町三丁目)に誕生。

 文久元(1861)年二月に父が死去し、家督を相続して足軽身分となる。文久二年(1862年)に藩校の文武館開校と同時に入門し、外国語なども学び、慶応元(1862)年九月に藩が派遣する留学生として長崎へ赴任。このころ郷土の先輩である坂本龍馬と出会っている。その後、幕府の語学所学頭平井義十郎からフランス語を学ぶなど外国語習得に努める。慶応三(1867)年五月に江戸に移り、達理堂で学ぶが破門され、横浜天主堂の僧にも学んだという。同年末に兵庫が開港されると上方へ赴き、フランス外交団の通訳を務める。

 明治三年(1870年)に大学南校大得行生となっている。明治四年(1871年)に廃藩置県により土佐藩の身分制から開放され、明治政府が派遣した岩倉使節団に司法省9等出仕として採用される。同年十一月に横浜から出発し、アメリカから第三共和政時代のフランスへ渡る。フランスではパリ・リヨンに滞在した。

 明治七(1874)年六月に帰国し、帰国後は東京麹町に住み、八月に家塾の仏蘭西学舎(のちに仏学塾)を開く。塾では語学や思想史のほか、漢学も重視された。また、18世紀フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーの『社会契約論』の部分訳である漢字カタカナ混じり文の『民約論』の校訂に携わっている。また民権論の教授に務めた。

 自由民権運動の気運が盛り上がる中、明治十四(1881)年三月に西園寺公望らと創刊した『東洋自由新聞』の主筆を務めるが、すぐに廃刊となり、明治十五年(1882年)に仏学塾から『社会契約論』の漢文訳『民約訳解』を刊行。自由党の旗揚げに関わり、党発行の新聞である『自由新聞』社説掛となる。

 明治二十三年(1890年)の第一回衆議院議員総選挙では大阪4区から出馬する。自ら本籍を大阪の被差別部落に移し、被差別部落民らの支持を得て、1,352票を獲得して一位で当選、国会議員となる。自由党土佐派の裏切りによって政府予算案が成立したことに憤り明治二十四(1891)年二月二十七日に辞職する。

 明治二十四(1891)年七月に北海道小樽へ移り、実業家として活動を行う。小樽初の新聞である『北門新報』を創刊して主筆を務める。明治二十五年に『北門新報』は札幌へ進出しているが、兆民は『北門新報』を退社すると高知へ行く。明治二十六年(1893年)に兆民は札幌で「高知屋」を開業する。さらに兆民は材木業を営む「北海道山林組」を設立する。また、鉄道事業にも熱心で、明治二十七年(1894年)の常野鉄道をはじめ、毛武鉄道など数多くの発起人となっている。明治三十年(1897年)に中野清潔会社を起こす。

 明治三十四(1901)年十二月十三日に中江兆民は五十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA