森有礼

概要

 森有礼(もり ありのり、正字体:森有禮)弘化四年丁未(ひのとひつじ44)七月十三日(1847年8月23日)生誕 -明治二十二(1889)年二月十二日薨去(四十一歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の外交官、政治家。通称・助五郎、金之丞。栄典は贈正二位勲一等子爵。

経歴

 弘化四年丁未(ひのとひつじ44)七月十三日(1847年8月23日)に薩摩国鹿児島城下春日小路町(現、鹿児島県鹿児島市春日町)で薩摩藩士・森喜右衛門有恕の五男として誕生。

 安政七年(1860年)頃より造士館で漢学を学び、元治元年(1864年)頃より藩の洋学校である開成所に入学し、英学講義を受講する。慶応元年(1865年)に五大友厚らとともにイギリスに密航、留学し(薩摩藩第一次英国留学生)ロンドンで長州五傑と会う。その後、ロシアを旅行し、さらにアメリカに渡り、キリスト教に深い関心を示した。明治維新後に帰国すると明六社を結成する。

 明治八年(1875年)に東京銀座尾張町に私塾・商法講習所(一橋大学の前身)を開設する。明治十八(1885)年十二月二十二日に第一次伊藤内閣の下で初代文部大臣に就任する、日本における教育政策に携わる。また、「良妻賢母教育」こそ国是とすべきであると声明。翌年それに基づく「生徒教導方要項」を全国の女学校と高等女学校に配る。

 明治二十二(1889)年二月十一日の大日本帝国憲法発布式典の日、それに参加するため官邸を出た所で森有礼は国粋主義者・西野文太郎に短刀で脇腹を刺された。翌日の二月十二日に応急手当を受けるが傷が深く、午前5時に薨去。四十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA