松平定敬

概要

 

松平定敬(まつだいらさだあき)弘化三年丙午(ひのえうま43)十二月二日(1847年1月18日)生誕-明治四十一(1908)七月二十一日薨去(六十歳)は、江戸時代末期の伊勢国桑名藩主。京都所司代。兄に尾張藩主徳川慶勝、一橋家当主徳川茂栄、会津藩主松平容保などがいる。いわゆる「高須四兄弟」の末弟である。

経歴

 弘化三年丙午(ひのえうま43)十二月二日(1847年1月18日)に、美濃国高須藩主・松平義建の八男として江戸市谷の江戸藩邸で誕生。

 文久三年(1863年)に十四代将軍・徳川家茂の上洛の際には、京都警護を勤めるために随行する。元治元年(1864年)に京都所司代に任命され、京都守護職の実兄・松平容保(会津藩主)が朝廷から新設の禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)・摂海防禦指揮に任命された元将軍後見職の一橋徳川家当主徳川慶喜と連携し、幕府から半ば独立して朝廷を援護する勢力を形成する(近年では一橋・会津・桑名の頭文字をとって一会桑政権と呼ばれる)。同年の禁門の変では会津藩と共に長州藩兵を撃退し、水戸天狗党の乱でも出兵している。髪を総髪にし、洋装で馬に乗り都大路を闊歩した。

 慶応四年(1868年)に鳥羽伏見の戦いが起こり戊辰戦争が始まると、徳川慶喜に従い江戸の霊巌寺(れいがんじ)にて謹慎した。桑名藩は会津と並んで新政府からは敵視されており国元では新政府軍が押し寄せてくる懸念から、先代当主の遺児・万之助(定教)を担いで恭順することを家老たちが決めていた。そのため、徹底抗戦派と見られていた定敬の帰国は困難な状況となった。定敬は柏崎から会津へ移動した。その後は会津若松城で兄の容保と再会し、仙台から榎本武揚の艦隊で箱館へ渡った。この頃、一色三千太郎(いしき みちたろう)と名乗っていた。

 箱館戦争終結前の明治二(1869)年四月に従者と共にアメリカ船に乗り横浜を経て上海へ渡るも、路銀が無くなったため外国への逃亡を断念して明治二年五月十八日(1869年6月27日)に横浜へ戻り降伏し、明治五年一月六日(1872年2月14日)に赦免される。同年二月(同年3月)に許嫁の初子と結婚した。

 明治四十一(1908)七月二十一日に松平定敬は薨去。六十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA