雨宮敬次郎

概要

雨宮敬次郎(あめのみやけいじろう:あめみやけいじろう) 弘化三年丙午(ひのえうま43)九月五日(1846年10月24日)生誕 -明治四十四(1911)年一月二十日逝去(六十四歳)は日本の実業家、投資家。「天下の雨敬」「投機界の魔王」と呼ばれた。

経歴

 弘化三年丙午(ひのえうま43)九月五日(1846年10月24日)に甲斐国山梨郡牛奥村(現、甲府市塩山牛奥)に誕生。少年時代から季節商いなどに従事し、成年になるまでに一財産を築いたという。

 明治三年(1870年)から明治五年(1872年)頃に神奈川県横浜(横浜市)へ転居し、生糸・洋銀・蚕種などの相場で浮沈を繰り返す。明治九(1876)年十一月から明治十(1877)年六月にかけてアメリカ、ヨーロッパを外遊し、発展段階にある近代国家が投資すべき産業は、鉄道、製鉄、水道等の社会基盤の分野だと見極めたという。

 明治十二年(1879年)に東京府深川(当時の南葛飾郡八郎衛門新田。現在の東京都江東区扇橋)で興した蒸気力による製粉工場が成功し、本格的に実業界へ進出する。

 明治十六年(1883年)に農業と工業を連携させるアメリカでの実見をもとに軽井沢の開発事業を行う。この時の開墾地は現在でも長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉地内に「雨宮新田」という地名として残っている。

 明治十七年(1884年)に相場取引を止め東京に移住。この頃、先に興した製粉事業が発展し、明治十九年(1886年)に東京蔵前の官営製粉所の払い下げを受け、明治二十年(1887年)に主に軍用小麦粉製造を目的とする有限責任日本製粉会社へと改称した。この会社は明治二十九(1896)年九月に日本製粉株式会社となり、現在は日本の代表的な製粉会社となっている。

 明治二十一(1888年)に新宿 – 八王子間を結び、中央本線の前身となる甲武鉄道の取締役に就任した。雨宮は甲武鉄道を西へ伸ばし八王子 – 甲府間を結ぶ「山梨鉄道案」を構想した。明治二十六年(1893年)に北海道炭礦鉄道の取締役に就任。

 明治三十六年(1903年)に東京商品取引所(現在の東京工業品取引所)の理事長になる。明治三十七(1904年)に桂川電力を興す。明治三十八年(1905年)に江の島電鉄社長に就任。明治四十一年(1908年)に大日本軌道を設立。広浜鉄道等を敷設。その他、海運・石油・貿易など様々な事業において活躍。

 明治四十四(1911)年一月二十日に雨宮敬次郎は逝去。六十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA