徳川家茂

概要

 徳川 家茂(とくがわ いえもち)弘化三年丙午(ひのえうま43)閏五月二十四日(1846年7月17日)生誕-慶応二年七月二十(1866年8月29日)薨去(二十歳)は、江戸幕府第十四代征夷大将軍。初めは第十二代将軍・徳川家慶の偏諱(へんき)を受けて慶福(よしとみ)と名乗っていた。

経歴

 弘化三年丙午(ひのえうま43)閏五月二十四日(1846年7月17日)に清水徳川家第三代当主徳川斉順(とくがわなりゆき)の次男として、江戸の紀州藩邸(現:東京都港区)で誕生した。生母は斉順の側室・お操(美佐の方(実成院)。

 安政五年十月二十五日(1858年11月30日)に一橋派との抗争の末に勝利し、直後に第十三代将軍・徳川家定も死去したために第十四代将軍となった。慶福改め家茂はこの時十三歳という若年であった。

 文久二年二月十一日(1862年3月11日)に和宮親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう)と結婚。和宮は有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)と婚約していたが、幕府の公武合体構想からの要請により熾仁親王との婚約を破棄し、和宮は家茂に降嫁(こうか)した。

 文久三年三月四日(1863年4月21日)に、3千人を率いて将軍としては229年振りとなる上洛を行った。朝廷は家茂の江戸帰還をなかなか許可しなかったため、老中格の小笠原長行が軍艦と軍勢1400名を率いて大坂に向かい、朝廷および攘夷派を威圧している。滞在3か月、家茂は道中の安全を考慮し、大坂より海路、蒸気船を使い江戸に帰った。

 慶応元年閏五月二十二日(1865年6月15日)に第二次長州征伐のため三度目の上洛を行う。慶応二年七月二十(1866年8月29日)に徳川家茂は大坂城で脚気衝心のため薨去。二十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA