小松宮彰仁親王

概要

 小松宮彰仁親王(こまつのみや あきひとしんのう)弘化三年丙午(ひのえうま43)一月十六日(1846年2月11日)生誕 -明治三十六(1903)年二月十八日薨去(五十七歳)は、皇族、陸軍軍人。官位は元帥陸軍大将大勲位功二級。

経歴

 弘化三年丙午(ひのえうま43)一月十六日(1846年2月11日)に伏見宮家親王(ふしみのみやくにいえしんのう)の第八王子として誕生。安政五年(1858年)に仁孝天皇の猶子(ゆうし)となり、親王宣下を受け純仁親王を号し、仁和寺第三十世の門跡に就任した。

 慶応三年(1867年)に還俗を命ぜられ仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみやよしあきしんのう)と名乗る。明治維新後に、議定、軍事総裁に任じられた。戊辰戦争では、奥羽征討総督として官軍の指揮を執った。

 明治三年(1870年)に宮号を東伏見宮に改める。明治七年(1874年)に勃発した佐賀の乱においては征討総督として出征した。明治十年(1877年)の西南戦争では旅団長として出征し乱の鎮定に当たった。明治十四年(1881年)に維新以来の功労を顕彰され、家格を世襲親王家に改められる。明治十五年(1882年)に、宮号を仁和寺の寺域の旧名小松郷に因んで小松宮に改称した。

 明治二十三(1890年)に陸軍大将に昇進し、近衛師団長、参謀総長を歴任、日清戦争では征清大総督に任じられ旅順に出征した。明治三十一(1898年)に元帥府に列せられる。

 明治三十六(1903)年二月十八日に小松宮彰仁親王は薨去。五十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA